インターネット回線及びプロバイダの名義変更・解約

故人が自宅でインターネットを使用していた場合、インターネット回線業者及びプロバイダと契約を結んでいます。必要に応じて名義変更や解約を行いましょう。故人がどの会社と契約していたか分からない場合は、契約書や請求書を探しましょう。

届出・手続きのポイント

期限や行う時期 落ち着いたらすみやかに
手続きする場所 契約していたインターネット回線業者及びプロバイダ
準備するもの 各社指定の書類など

60代の約75%がネットを利用!

かつては、「高齢者はパソコンが苦手」というイメージが一般的でした。ところが近年では高齢者にもパソコンが普及し、多くの方がインターネットを楽しんでいます。

総務省が毎年公開する情報通信白書によれば、特に60歳以上のシニア層のネット利用率が著しく高くなっています。たとえば2014年のネット利用率は、次の通り。

  • 60代・・・75.2%
  • 70代・・・50.2%

自宅でインターネットを利用している場合、インターネット回線業者やプロバイダと契約を結び、月々の利用料金を支払っています。

名義変更もしくは解約の手続きを行わなければ、当然ながら死亡後も利用料金が発生します。なるべく早く、しかるべき手続きを行うようにしましょう。

主なインターネット回線業者やプロバイダ

インターネット回線業者やプロバイダは、数多く存在します。主なものは次の通りです。

(インターネット回線業者)

  • NTT東日本
  • NTT西日本
  • ソフトバンクBB
  • KDDI
  • UCOM(ユーコム)
  • ケイ・オプティコム
  • ワイモバイル

(プロバイダ)

  • OCN
  • ぷらら
  • So-net(ソネット)
  • au one net(元DION)
  • Nifty(ニフティ)
  • Biglobe(ビッグロ-ブ)

故人がどの会社と契約を結んでいたかは、契約書もしくは請求書、領収書などを確認しましょう。利用料金を口座引き落としにしているなら、通帳も手がかりになります。

各社手続きの内容が異なる

名義変更や解約の手続きは、各社異なります。まずはホームページを確認するか、電話で問い合わせて、内容を確認しましょう。

なお名義変更に関しては、中には名義変更を認めていない会社もあります。その場合、いったん解約してから新たな契約を結ぶ必要があります。

いずれにせよ会社によって手続き内容が異なりますので、まずは連絡をとり、必要な手続きを確認することをおすすめします。

関連記事

相続税対策と相続の流れについて

相続において心がけるべき原則と基本的な流れを時系列でご説明します。

相続人の調査

相続を進めるにあたっては、誰が相続人であるのかを調べ、確定する必要があります。 相続人…

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議がまとまったら、その内容をまとめた書面を作りましょう。この書面を…

葬儀社の決定

通夜・葬式までの時間はわずかしかありません。 準備をスムーズに進めるため、

パスポートの返納

故人がパスポートを持っていた場合、パスポートセンターや旅券事務所などの窓口で返納手続きを行います…