関係者への死亡連絡

故人が亡くなったら、すみやかに関係者に連絡を入れましょう。近親者への連絡の他、友人や知人、町内会や所属団体、現役で働いている場合は勤務先への連絡も必要です。関係者は多岐にわたります。連絡先リストを作成して、連絡もれのないようにしましょう。

届出・手続きのポイント

期限や行う時期 すみやかに
手続きする場所 特になし
準備するもの 必要に応じて死亡通知状など

死亡連絡を行う主な範囲

故人の死亡が確認されたら、故人と縁のあった方に死亡連絡を行います。連絡する主な範囲は次の通りです。

  • 別居している家族や近親者
  • 故人と親交のあった友人や知人
  • 町内会や自治体、近隣住民
  • 勤務先や取引先(主に現役の場合)
  • 所属団体(趣味の会など) など

まずは、すぐに知らせるべき家族や近親者、さらには関係の深い友人への連絡を行います。その他は基本的に、通夜や告別式の日程や場所などが決まってからで構いません。

葬儀準備の一環として、先祖代々のお墓があるお寺(菩提寺)への連絡も忘れずに行いましょう。

死亡連絡は、残された家族が行うべき大切な役目です。連絡もれを防ぐために、連絡先リストを作ることをおすすめします。住所録や故人に届いていた年賀状などをチェックしながら、連絡先リストを作りましょう。

基本は電話、その他FAXやメールも利用する

死亡連絡は、基本的に電話で行います。ただし葬儀の日程が迫って準備が山積みの中、すべての人に電話連絡するのは物理的に不可能です。親しい数名に連絡して、その先の連絡は任せるなど、協力を仰ぐようにしましょう。

また、電話での連絡が基本ですが、相手との関係性や状況に応じて他の手段を利用することも可能です。電話以外に死亡を知らせる手段として、次のようなものがあります。

  • FAXやメール
  • 死亡通知状
  • 新聞の死亡広告

それぞれについて、詳しく見てみましょう。

1. FAXやメール

死亡連絡は電話が基本ですが、葬儀までは日がありません。場合によっては、FAXやメールなどを利用しましょう。FAXやメールで死亡連絡及び葬儀の案内をする場合は、会場の地図も添えておくと親切です。

近親者のみで家族葬を行う場合や、香典を辞退する場合は、その旨も記載しておくといいでしょう。葬儀を行う場所によっては車で葬儀に参列する人も多いので、駐車スペースの有無や駐車可能な台数、最寄り駅からの送迎の有無といった情報も入れておくようにします。

2. 死亡通知状

死亡通知状とは、故人の氏名や死亡日、葬儀の日時などを連絡するための書面です。

一般的な葬儀においては、民間の葬儀会社で行う葬儀は社葬と異なり、死亡から葬儀まで日数がありません。そのため郵送では連絡が間に合わないため、死亡通知状が使われることはあまりありません。

ただし近年では、身内のみで執り行う家族葬が増えてきたこともあり、死亡通知状は葬儀が終わったことを知らせる書面として利用されることもあります。

家族葬が終わった後に死亡通知状を出す場合は、葬儀を済ませたことの報告に加えて、葬儀の通知を控えた理由とお詫びも書き添えておきましょう。

なお、死亡通知状は、葬儀社に頼むと印刷や発送を代行してくれることがほとんどです。まずは担当者に確認してみるといいでしょう。

3. 新聞の死亡広告

故人が社会的地位の高い人であったり、交際範囲が広かったりすると、死亡を知らせる連絡先は極めて多くなります。死亡の事実を効率的に多くの人に知らせるためには、新聞の死亡広告を利用する方法もあります。

新聞で死亡情報を扱う欄は、「死亡広告」の他に「死亡記事」もあります。

死亡記事は通称「お悔やみ欄」とも呼ばれ、新聞社が独自の判断によって、著名人の死亡についての情報を掲載している記事のことです。死亡記事はあくまで、新聞社が独自に判断して掲載している情報ですから、ご遺族が対価を支払う必要はありません。

一方の死亡広告は、ご遺族が新聞社に依頼して、死亡にまつわる情報を掲載してもらうものです。対価として料金が発生し、有料で利用することになります。死亡広告は、新聞によって価格や掲載条件なども異なります。まずは葬儀社の担当者に相談してみましょう。

所属団体への連絡も忘れずに

死亡連絡で意外と忘れがちなのが、所属団体に死亡の事実を伝え、必要に応じて退会の手続きを行うことです。

故人の趣味や考え方によっては、スポーツや旅行、その他ジャンルの団体に入会している場合があります。

中には、ロータリークラブやライオンズクラブのように、年会費が数万円に及ぶ団体もあります。退会の手続きを怠れば、次年度の会費が発生することも考えられます。

故人の死亡後は、さまざまな手続きの期限が次々と押し寄せてきます。もれ落ちがないように、するべきことを一覧表にした上で、優先順位をつけて進めていきましょう。

関連記事

相続税対策と相続の流れについて

相続において心がけるべき原則と基本的な流れを時系列でご説明します。

相続人の調査

相続を進めるにあたっては、誰が相続人であるのかを調べ、確定する必要があります。 相続人…

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議がまとまったら、その内容をまとめた書面を作りましょう。この書面を…

葬儀社の決定

通夜・葬式までの時間はわずかしかありません。 準備をスムーズに進めるため、

パスポートの返納

故人がパスポートを持っていた場合、パスポートセンターや旅券事務所などの窓口で返納手続きを行います…