死亡届の提出

死亡診断書または死体検案書を受け取ったら、死亡を知った日から7日以内に、市区町村役場に死亡届を提出します。死亡届と、次の記事で説明する死体火葬許可申請書が受理されると火葬許可証が交付され、火葬を行うことができます。なお、死亡届は葬儀社が代理で提出可能です。

届出・手続きのポイント

期限や行う時期 7日以内(海外で亡くなった場合は3か月以内)
手続きする場所 市区町村役場
準備するもの 死亡診断書または死体検案書、届出人の印鑑

死亡届は7日以内に提出する

死亡届とは、記載されている人が死亡したことを証明する書類です。
市区町村役場に死亡届を提出することで、戸籍や住民登録が抹消されます。

死亡届と死体火葬許可申請書を提出しなければ、火葬を行うための火葬許可証を受け取ることができません。つまりこれらの手続きが完了するまでは火葬ができず、葬式ができないということです。

死亡届の提出は、死亡を知った日から7日以内という提出期限が定められています。ただし葬式までに提出が必要ですから、すみやかに提出しましょう。手続きの際には、届出人の印鑑も持参します。

なお、提出期限は7日以内ですが、海外で亡くなった場合は、死亡の事実を知った日から3か月が期限です。正当な理由なしに提出が遅れた場合は、戸籍法によって3万円以下の過料を支払わなくてはいけません。

死亡届は多くの市区町村役場において、夜間や土日・祝日なども、時間外受付で対応してくれます。ただし、市区町村役場の出張所の場合は、時間外受付を行っていない場合もあります。また市区町村役場であっても、時間外の場合は基本的に、警備員や宿直に渡すのみとなります。

その場合、火葬許可証を受け取るためには、開庁後に再度来る必要があります。詳細は、市区町村役場のホームページで確認するか、事前に問い合わせておくと安心です。

死亡届は、どこに誰が提出する?

死亡届は、次の3つのうち、いずれかの市区町村役場に提出します。

  • 死亡した場所
  • 故人の本籍地
  • 届出人の住民登録地

どこを選んでも構いませんが、死亡した場所が本籍地や住民登録地とあまりに離れている場合は、手続きに時間がかかる可能性があります。できるだけ、本籍地か住民登録地で手続きを行うことをおすすめします。

なお、死亡届は死亡診断書または死体検案書と一対になっており、届出人の署名・捺印が必要です。届出人になれるのは、戸籍法により次の順番です。

  1. 同居している親族
  2. その他の同居者
  3. 家主や地主、または家屋もしくは土地の管理人
  4. 同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人及び任意後見人

※後見人、保佐人、補助人及び任意後見人が届出人の場合は、その資格を証明する登記事項証明書または裁判所の謄本が必要。

ただし、届出人というのは、死亡届に署名・押印する人のことを指しています。実際に提出する人は、届出人でなくても問題ありません。届出人が死亡届を作成すれば、葬儀社が代理人として提出することも可能です。

死亡届の書き方

死亡届は、死亡時に医師から受け取った死亡診断書または死体検案書とセットになっています。

右半分が、医師がすでに記入・捺印した死亡診断書または死体検案書です。ここには手を加える必要はありません。左半分の死亡届に、必要事項を記入しましょう。

記入には、消えにくいボールペンなどを使用します。
書き損じた場合は、訂正箇所に赤色で一本線を引き、正しく記入しましょう。
届出人の記入欄に押す印鑑は、認印でも構いません。ただしインクが染み込んだ簡易ハンコではなく、朱肉を使う印鑑を使用します。

死亡日時や死亡場所などは、医師がすでに記入しています。そのまま書き写してください。本籍地に関しては、住民登録している場所と本籍地が違う場合があります。本籍地が分からない場合は、次の方法で調べましょう。

1. 昔の運転免許証を確認する

本籍地の確認というと、運転免許証を思い浮かべる人が多いことでしょう。
ところが2007年から段階的に運転免許証がICカード化され、現在では運転免許証には本籍地の記載がありません。

更新時に申し出れば、更新前の運転免許証が返還されます。
故人が昔の運転免許証を手元に残していれば、本籍地の記載があります。思い当たる保管場所があれば、一度探してみるといいでしょう。

2. 本籍地記載の住民票を取得する

運転免許証で確認できない場合、本籍地は、住民票で確認することができます。市区町村役場に行き、本籍地を記載してほしい旨を伝えて、住民票を取得してください。

このように、死亡届の提出は、必要事項を記入して持参するだけです。ただし、死亡直後は、通夜・葬式の準備で大変な時期です。多くの場合、葬儀社が代理で提出してくれますから、相談してみましょう。

関連記事

相続税対策と相続の流れについて

相続において心がけるべき原則と基本的な流れを時系列でご説明します。

相続人の調査

相続を進めるにあたっては、誰が相続人であるのかを調べ、確定する必要があります。 相続人…

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議がまとまったら、その内容をまとめた書面を作りましょう。この書面を…

葬儀社の決定

通夜・葬式までの時間はわずかしかありません。 準備をスムーズに進めるため、

パスポートの返納

故人がパスポートを持っていた場合、パスポートセンターや旅券事務所などの窓口で返納手続きを行います…