年金受給者死亡届の提出

故人が年金を受給していた場合、年金受給を停止する手続きが必要です。
手続きが遅れて死亡後も年金が支払われると、その分を返還しなければなりません。

なお未支給分の年金は、遺族が受け取ることができます。年金受給の停止と併せて手続きを行いましょう。

届出・手続きのポイント

期限や行う時期 年金受給者死亡届:厚生年金は10日以内、国民年金は14日以内
未支給年金・保険給付請求書:5年以内
手続きする場所 年金事務所、または年金相談センターなど
準備するもの 年金受給者死亡届、未支給年金・保険給付請求書、年金証書など

厚生年金は10日、国民年金は14日以内に受給停止手続きを!

故人が年金を受給していた場合、停止の手続きをしなければ支払いが続きます。
市区町村役場に死亡届を出しただけでは、支払いは止まりません。年金事務所または年金相談センターなどに、年金受給者死亡届を提出しましょう。

年金受給者死亡届は、提出期限が決まっています。

  • 厚生年金・・・死亡日から10日以内
  • 国民年金・・・死亡日から14日以内

手続きが遅れると、死亡後も年金が支払われてしまいます。
その場合、原則として返還を求められるので注意しましょう。

なお、日本年金機構に住民票コードを登録している場合は例外です。
原則として、年金受給者死亡届の提出を省略できます。

住民票コードとは、住民基本台帳に基づいて、日本国民一人ずつに割り振られている11桁の番号のことです。住民票を持つ日本国民であれば、必ず住民票コードを持っています。

日本年金機構に住民票コードを登録済みかどうか調べるには、年金振込通知書の「住民票コード収録状況欄」を確認してください。この欄の意味は、次のようになっています。

  • 収録済・・・登録済みのため、年金受給者死亡届の提出は「不要」
  • 未収録・・・未登録のため、年金受給者死亡届の提出が「必要」

住民票コードが未収録の場合は、年金受給者死亡届を出さなくてはなりません。
うっかり提出を忘れて年金を受け取ると、返還の手続きに手間がかかります。必ず期限内に手続きを行いましょう。

未支給年金・保険給付請求書の提出も同時に行う

年金受給者死亡届の提出と併せて行うのが、未支給年金・保険給付請求書の提出です。

未支給年金とは文字通り、「まだ支給されていない年金」のこと。年金は後払いとなっており、2か月分まとめて支払われます。また、死亡した月の分まで振り込まれるため、いつ死亡しても未支給年金が発生します。

未支給年金は、生計を共にしていた遺族が受け取ることができます。
未支給年金を受け取る資格のある人と順位は、次の通りです。

  • 国民年金・厚生年金保険・船員保険・共済年金(JR・JT・NTT・農林以外)
    生計を共にしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、その他3親等内の親族
  • 共済年金(JR・JT・NTT・農林)
    生計を共にしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、それ以外の相続人

未支給年金は、自動的に振り込まれるわけではありません。受け取るには、未支給年金・保険給付請求書の提出が必要です。

未支給年金は、死亡後から5年以内であれば請求することができます。
ただし一般的には、年金受給者死亡届と同じタイミングで手続きを行います。書類も一つのつづりになっていますから、一度に手続きしておきましょう。

受給している年金すべての手続きを行うこと

年金受給者死亡届と未支給年金・保険給付請求書は、日本年金機構のホームページからダウンロードできます。

年金受給権者死亡届及び未支給年金・保険給付請求書は、複数の年金共通の書類です。次の年金に関する手続きが同時にできます。

  • 国民年金
  • 厚生年金保険
  • 船員保険
  • 共済年金

故人が複数の年金を受給していた場合は、すべての年金コードを記入しましょう。

提出先や必要なものは?

年金受給権者死亡届及び未支給年金・保険給付請求書は、次のうち、いずれかの場所に提出します。

  • 国民年金・・・住所地の市区町村役場
  • 厚生年金保険・・・年金事務所、年金相談センター、共済組合など
  • その他・・・年金事務所、年金相談センターなど

提出にあたっては、次の書類が必要です。

  • 故人の年金証書
  • 死亡の事実を証明できる書類(戸籍謄本または抄本、死亡診断書など)
  • 故人と請求者の関係を明らかにする書類(市区村長の証明書、戸籍謄本など)
    など。

状況によって必要なものが変わるので、詳しくは年金受給権者死亡届及び未支給年金・保険給付請求書の注意書きを確認してください。

なお、未支給年金・保険給付請求書を提出しても、すぐに振り込まれるわけではありません。約3か月かかりますから、早めに手続きしておきましょう。

関連記事

相続税対策と相続の流れについて

相続において心がけるべき原則と基本的な流れを時系列でご説明します。

相続人の調査

相続を進めるにあたっては、誰が相続人であるのかを調べ、確定する必要があります。 相続人…

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議がまとまったら、その内容をまとめた書面を作りましょう。この書面を…

葬儀社の決定

通夜・葬式までの時間はわずかしかありません。 準備をスムーズに進めるため、

パスポートの返納

故人がパスポートを持っていた場合、パスポートセンターや旅券事務所などの窓口で返納手続きを行います…