山形県の相続相談なら

山形県で起きやすい相続問題の傾向

生前に遺言書を作成しておけば、自らの意志で後世に財産を残すことができます。本来は相続権のない内縁者や、生前お世話になった親族に対しても、遺言書があれば財産を残せるのです。

山形県は、突然死の代表にも数えられる、脳梗塞による死亡者数が全国1位(2013年「厚生労働省」調べ)となっています。突然死となれば、生前、自ら保有していた財産の行方を知ることなく、この世を去ることになります。相続の原則では、配偶者や子が相続人になり、配分も法律で定められていて、意図する相続人に財産を多く残したり、縁のある相手に財産を残すことができません。

生前に築き上げた財産を自らの意志で分配したいと考えている方は、遺言書を作成する必要があります。ただし、遺言書の作成は細かい規定が多く、1つでも不備があれば法的効力が失われてしまいます。自分自身の相続は、人生の中で1度しかない出来事なので、失敗しないためにも専門家にしっかりサポートしてもらい、不備のない遺言書を作成しておきましょう。

当センターでの相談内容の内訳
遺言について(6人)
登記について(11人)
遺産全般について(12人)
遺産分割について(15人)
税金(相続税、贈与税)について(2人)
その他(4人)
サンプル:50人

相続問題を早期に解決させないといけない理由

相続問題はできるだけ早く解決させないと大変なことになります。
なぜなら、次のような3つのトラブルが起きるからです。

  1. 問題が長期化すると、家族間に遺恨を残す大きなトラブルになり、最悪、親子や兄弟姉妹の仲が修復不可能になる。
  2. 相続税の申告は、死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内と期限が決められている。期限に遅れると、税金を追加で収めなければならないことになる。
  3. 不動産をもっている人が亡くなり、誰が継ぐか決められないまま、相続人全員で相続することを繰り返すと、関係者が大人数になり、話し合いすら困難になることがある。

長期化すると大変な相続問題。
問題を解決するためには4つの方法があります。

放置すると取り返しのつかないトラブルが起きる相続問題。
この問題を解決するためには、4つの方法があります。

1. 自分たちで解決する
自分で相続について勉強し、解決させることもできます。
ただ、相続の手続きは非常に複雑なため、内容を把握するのに多くの時間を要します。
さらには、手続きが中途半端になり、間違いや漏れが起きやすくなるため、多くの人は自分での対応をあきらめます。

2. 役所の無料相談を使う
役所が開いている30分ほどの相談窓口を使う方法です。
ただ、無料のため、相談に訪れる人が多く、予約制で相談日時の融通があまり利きません。
また、相続の相談が30分で終わることはめずらしく、悩みを打ち明けて簡単なアドバイスをもらったところで時間切れになるようでは根本的な解決にはつながりません
すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから役所の相談窓口をチェックしていただけます。

山形県の役所

3. 弁護士会等の無料相談を使う
無料相談は30分と決まっているケースが多いほか、その弁護士が本当に「相続の専門家」かどうかは素人の人には分からないというデメリットもあります。
相続案件が得意ではない弁護士もおり、その場合は、的確なアドバイスを受けられないこともあり、注意が必要です。
すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから弁護士会の無料相談をチェックしていただけます。

山形県の弁護士会

4. 最初から「相続の専門家」に相談する
相続のプロですので、ムダな時間がかからず、トラブルを最短、かつ、最良のかたちで解決に導いてくれます。また、昔と違って今では、無料相談が当たり前の時代になっており、気軽に相談できるため、役所や弁護士会に相談する時よりも費用が高額になってしまうということもなくなっています。

以上の理由から、当センターでは、相続トラブルは相続の専門家に相談することをオススメしています。
では、専門家はどのように選べばよいのでしょうか?

相続の専門家の選び方

信頼度の高い専門家を見つけるためには、第三者機関を使うことをオススメします。

あまり知られていませんが、専門家にも得意・不得意の分野があるため、相談内容にあった専門家を選ぶことが大切です。

これは病気のときにお医者さんを選ぶのと同じです。

医者は、内科、耳鼻科、皮膚科、眼科、歯科、外科など、それぞれに専門分野があり、患者は症状にあわせてお医者さんを選びます。

胃腸の調子が悪ければ内科、骨折したのであれば外科といった感じです。

同じように、弁護士をはじめ専門家には専門分野があり、相続問題が得意な専門家もいれば、借金問題や離婚問題、交通事故が得意な専門家もいます。

相続問題を相談するのであれば、相続が得意な専門家に相談しなければいけません。

では、相続問題が得意な専門家とはどこなのでしょうか。

相続の手続きを行なっている専門家は、司法書士や税理士、弁護士などがありますが、その中でも最も相続問題が得意な専門家は、司法書士だとされています。

その理由は

  1. 弁護士よりも費用がかからない
  2. 税理士と違い、不動産の法的手続きができる
  3. 結果として、相続問題に関する知識と経験が豊富

といった、3点が挙げられるからです。

山形県で実際に相談された方の声


(山形市|40代|女性)

突然、父が亡くなり、相続問題に直面しました。思っていた以上に財産が残されていて、母も姉も好き放題言って困っていたのですが、先生に介入してもらってからは言われるがままという感じで、無事に遺産分割が終了しました。


(鶴岡市|60代|男性)

自分なりに書いた遺言書を見てもらいました。いくつも不備が見つかり、このままでは無効になってしまうところでした。作り直した後も再チェックしてくれるとのことで、相談して本当によかったです。


(山形市|女性|50代)

相続登記を自分でやろうと何度も法務局に足を運んだのですが、なかなか理解できなかったため、司法書士さんにお願いしました。理解できなかった部分を丁寧に説明してくれ、手続きも1から10までやってくれて満足です。もっと早く相談すれば苦労しなかったのにと悔やみました。


(酒田市|60代|男性)

誰が相続人になるのかわからず相談しました。こんな簡単な相談にも快く応じてくれて感謝です。


無料相談したからといって、専門家と契約しなければならないということは一切ありませんのでご安心ください。

相談対応可能な山形県の地域

山形市 米沢市 鶴岡市 酒田市 新庄市 寒河江市 上山市 村山市 長井市 天童市 東根市 尾花沢市 南陽市 東村山郡 西村山郡 北村山郡 最上郡 東置賜郡 西置賜郡 東田川郡 飽海郡
・・・その他エリア

関連記事

沖縄県の相続相談なら

Contents沖縄県で起きやすい相続問題の傾向相続問題を早期に解決させないといけない理由長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。相続の専門家の選び方沖縄県で実際に相談された方の声相談対応可能な沖縄県の地域 沖縄県で起きやすい相続問題の傾向 沖縄では遺産分割で揉めるケースが目立ちます。 遺産分割では、遺産を受け取る相続人の数が多いほど、様々な人の思いが交錯し、揉める傾向にあります。 沖縄は、出生率が全国1位(2011年「厚生労働省」調べ)であることからも分かるように、従前より、兄弟姉妹の数が他県に比べて多く、さらに、離婚して再婚する人も多いことから、相続発生時には複数の人が相続人になるケースが多く見受けられます。 どれだけ仲のよい家族でも相続で揉めてしまうことから、「相続」は「争族」であるといわれるくらいですが、ここに普段接点が全くなかった相続人が絡んでくると、話し合いは複雑さを極めます。 話し合いで揉めそうな場合、あるいはすでに揉めている場合は、第三者をまじえることで、話し合いが感情的になることを防ぐことができます。家族間で揉めると大きな悔恨を残してしまうこともあり、相続をきっかけに家族が疎遠になることも事実としてあります。そうなってしまう前に是非気軽に専門家に相談してみてください。 当センターでの相談内容の内訳 ■ 遺言について(7人) ■ 登記について(9人) ■ 遺産全般について(17人) ■ 遺産分割について(59人) ■ 税金(相続税、贈与税)について(3人) ■ その他(5人) サンプル:100人 相続問題を早期に解決させないといけない理由 相続問題はできるだけ早く解決させないと大変なことになります。 なぜなら、次のような3つのトラブルが起きるからです。 問題が長期化すると、家族間に遺恨を残す大きなトラブルになり、最悪、親子や兄弟姉妹の仲が修復不可能になる。 相続税の申告は、死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内と期限が決められている。期限に遅れると、税金を追加で収めなければならないことになる。 不動産をもっている人が亡くなり、誰が継ぐか決められないまま、相続人全員で相続することを繰り返すと、関係者が大人数になり、話し合いすら困難になることがある。 長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。 放置すると取り返しのつかないトラブルが起きる相続問題。 この問題を解決するためには、4つの方法があります。 1. 自分たちで解決する 自分で相続について勉強し、解決させることもできます。 ただ、相続の手続きは非常に複雑なため、内容を把握するのに多くの時間を要します。 さらには、手続きが中途半端になり、間違いや漏れが起きやすくなるため、多くの人は自分での対応をあきらめます。 2. 役所の無料相談を使う 役所が開いている30分ほどの相談窓口を使う方法です。 ただ、無料のため、相談に訪れる人が多く、予約制で相談日時の融通があまり利きません。 また、相続の相談が30分で終わることはめずらしく、悩みを打ち明けて簡単なアドバイスをもらったところで時間切れになるようでは根本的な解決にはつながりません。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから役所の相談窓口をチェックしていただけます。 → 沖縄県の役所 3. 弁護士会等の無料相談を使う 無料相談は30分と決まっているケースが多いほか、その弁護士が本当に「相続の専門家」かどうかは素人の人には分からないというデメリットもあります。 相続案件が得意ではない弁護士もおり、その場合は、的確なアドバイスを受けられないこともあり、注意が必要です。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから弁護士会の無料相談をチェックしていただけます。 → 沖縄県の弁護士会 4. 最初から「相続の専門家」に相談する 相続のプロですので、ムダな時間がかからず、トラブルを最短、かつ、最良のかたちで解決に導いてくれます。また、昔と違って今では、無料相談が当たり前の時代になっており、気軽に相談できるため、役所や弁護士会に相談する時よりも費用が高額になってしまうということもなくなっています。 以上の理由から、当センターでは、相続トラブルは相続の専門家に相談することをオススメしています。 では、専門家はどのように選べばよいのでしょうか? 相続の専門家の選び方 信頼度の高い専門家を見つけるためには、第三者機関を使うことをオススメします。 あまり知られていませんが、専門家にも得意・不得意の分野があるため、相談内容にあった専門家を選ぶことが大切です。 これは病気のときにお医者さんを選ぶのと同じです。 医者は、内科、耳鼻科、皮膚科、眼科、歯科、外科など、それぞれに専門分野があり、患者は症状にあわせてお医者さんを選びます。 胃腸の調子が悪ければ内科、骨折したのであれば外科といった感じです。 同じように、弁護士をはじめ専門家には専門分野があり、相続問題が得意な専門家もいれば、借金問題や離婚問題、交通事故が得意な専門家もいます。 相続問題を相談するのであれば、相続が得意な専門家に相談しなければいけません。 では、相続問題が得意な専門家とはどこなのでしょうか。 相続の手続きを行なっている専門家は、司法書士や税理士、弁護士などがありますが、その中でも最も相続問題が得意な専門家は、司法書士だとされています。 その理由は 弁護士よりも費用がかからない 税理士と違い、不動産の法的手続きができる 結果として、相続問題に関する知識と経験が豊富 といった、3点が挙げられるからです。 沖縄県で実際に相談された方の声 (那覇市|40代|女性) 遺産相続で親兄弟が揉めていました。生前に口約束していましたが、いざ遺産分与となるとなかなか約束どおり話が進まず、兄弟関係が悪くなる一方だったため、相談しました。解決してホッとしていますが、もう少し早く相談しておけばと後悔しています。 (名護市|男性|50代) 決して多くはない資産でしたが、どのように分ければよいのか、また相続税がどのくらい発生するのかなどで悩んでいましたが、丁寧に話を聞いて頂き、とても良いアドバイスを頂きました。 (浦添市|40代|女性) 相続人が16名おり、さらにその相続人の中には連絡がとれない人もいて、どのように対処すればよいのか分からず相談しました。相談にのっていただき、助かりました。 (那覇市|60代|男性) 実家が空き家状態だったため、処分したが、名義変更を含めて兄弟と折り合いがつかない状態だったため、今回お願いしました。 無料相談したからといって、専門家と契約しなければならないということは一切ありませんのでご安心ください。 相談対応可能な沖縄県の地域 那覇市 宜野湾市 石垣市 浦添市 名護市 糸満市 沖縄市 豊見城市 うるま市 宮古島市 南城市 国頭郡 中頭郡 島尻郡 宮古郡 八重山郡 ・・・その他エリア

島根県の相続相談なら

Contents島根県で起きやすい相続問題の傾向相続問題を早期に解決させないといけない理由長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。相続の専門家の選び方島根県で実際に相談された方の声相談対応可能な島根県の地域 島根県で起きやすい相続問題の傾向 島根県では、他の都道府県に比べて、登記に関する相談が多くなっています。 遺産を受け取るはずだった相続人が、島根県外に住居を移していることが多いせいか、相続が発生しても適切な手続きがおこなわれないまま遺産が放置され、何年も経ったあとに 「以前、相続が発生したときの不動産の登記手続きがまだできていない・・・」 といった相談を受けることが多いです。 また、各地に分散した相続人の間で、遺産をどのように分割するか、時間をとって十分に協議できなかったために、不動産を共有名義にしていったん相続を済ませてしまい、これが後々トラブルを引き起こすケースも見受けられます。 不動産を共有名義で相続するのは簡単な方法ではありますが、できれば避けたい方法です。相続した人が亡くなり、共有名義での相続を繰り返した結果、一つの不動産に数十人の関係者が・・・ということも現実にはあり、こうなると不動産を売却するのもかなりの苦労です。 相続人が遠方にいる場合などは調整を煩わしく感じますが、専門家に相談のうえ、できるだけ早期に将来を見据えた対応をしておくようにしましょう。 当センターでの相談内容の内訳 ■ 遺言について(8人) ■ 登記について(22人) ■ 遺産全般について(26人) ■ 遺産分割について(40人) ■ 税金(相続税、贈与税)について(2人) ■ その他(2人) サンプル:100人 相続問題を早期に解決させないといけない理由 相続問題はできるだけ早く解決させないと大変なことになります。 なぜなら、次のような3つのトラブルが起きるからです。 問題が長期化すると、家族間に遺恨を残す大きなトラブルになり、最悪、親子や兄弟姉妹の仲が修復不可能になる。 相続税の申告は、死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内と期限が決められている。期限に遅れると、税金を追加で収めなければならないことになる。 不動産をもっている人が亡くなり、誰が継ぐか決められないまま、相続人全員で相続することを繰り返すと、関係者が大人数になり、話し合いすら困難になることがある。 長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。 放置すると取り返しのつかないトラブルが起きる相続問題。 この問題を解決するためには、4つの方法があります。 1. 自分たちで解決する 自分で相続について勉強し、解決させることもできます。 ただ、相続の手続きは非常に複雑なため、内容を把握するのに多くの時間を要します。 さらには、手続きが中途半端になり、間違いや漏れが起きやすくなるため、多くの人は自分での対応をあきらめます。 2. 役所の無料相談を使う 役所が開いている30分ほどの相談窓口を使う方法です。 ただ、無料のため、相談に訪れる人が多く、予約制で相談日時の融通があまり利きません。 また、相続の相談が30分で終わることはめずらしく、悩みを打ち明けて簡単なアドバイスをもらったところで時間切れになるようでは根本的な解決にはつながりません。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから役所の相談窓口をチェックしていただけます。 → 島根県の役所 3. 弁護士会等の無料相談を使う 無料相談は30分と決まっているケースが多いほか、その弁護士が本当に「相続の専門家」かどうかは素人の人には分からないというデメリットもあります。 相続案件が得意ではない弁護士もおり、その場合は、的確なアドバイスを受けられないこともあり、注意が必要です。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから弁護士会の無料相談をチェックしていただけます。 → 島根県の弁護士会 4. 最初から「相続の専門家」に相談する 相続のプロですので、ムダな時間がかからず、トラブルを最短、かつ、最良のかたちで解決に導いてくれます。また、昔と違って今では、無料相談が当たり前の時代になっており、気軽に相談できるため、役所や弁護士会に相談する時よりも費用が高額になってしまうということもなくなっています。 以上の理由から、当センターでは、相続トラブルは相続の専門家に相談することをオススメしています。 では、専門家はどのように選べばよいのでしょうか? 相続の専門家の選び方 信頼度の高い専門家を見つけるためには、第三者機関を使うことをオススメします。 あまり知られていませんが、専門家にも得意・不得意の分野があるため、相談内容にあった専門家を選ぶことが大切です。 これは病気のときにお医者さんを選ぶのと同じです。 医者は、内科、耳鼻科、皮膚科、眼科、歯科、外科など、それぞれに専門分野があり、患者は症状にあわせてお医者さんを選びます。 胃腸の調子が悪ければ内科、骨折したのであれば外科といった感じです。 同じように、弁護士をはじめ専門家には専門分野があり、相続問題が得意な専門家もいれば、借金問題や離婚問題、交通事故が得意な専門家もいます。 相続問題を相談するのであれば、相続が得意な専門家に相談しなければいけません。 では、相続問題が得意な専門家とはどこなのでしょうか。 相続の手続きを行なっている専門家は、司法書士や税理士、弁護士などがありますが、その中でも最も相続問題が得意な専門家は、司法書士だとされています。 その理由は 弁護士よりも費用がかからない 税理士と違い、不動産の法的手続きができる 結果として、相続問題に関する知識と経験が豊富 といった、3点が挙げられるからです。 島根県で実際に相談された方の声 (出雲市|40代|女性) 相続人の一人が遠方におり、ふだん連絡をとる関係でもなかったので、信用できる第三者にあいだに入ってもらい、きちんと財産を分けて欲しいと希望し、今回相談しました。こまめに連絡をもらい、安心して手続きをお任せすることができました。 (松江市|50代|女性) 父親が亡くなり、すでに母親も亡くなっていたため、私と姉が相続することになりました。父親が亡くなる前に、父親の預金を姉が勝手に引き出していることが判明し、アドバイスをお願いしました。 (安来市|60代|男性) 全く連絡がとれない相続人がおり、手続をどう進めてよいか分からず、相談させてもらいました。 無料相談したからといって、専門家と契約しなければならないということは一切ありませんのでご安心ください。 相談対応可能な島根県の地域 松江市 浜田市 出雲市 益田市 大田市 安来市 江津市 雲南市 仁多郡 飯石郡 邑智郡 鹿足郡 隠岐郡 ・・・その他エリア

神奈川県の相続相談なら

Contents神奈川県で起きやすい相続問題の傾向相続問題を早期に解決させないといけない理由長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。相続の専門家の選び方神奈川県で実際に相談された方の声相談対応可能な神奈川県の地域 神奈川県で起きやすい相続問題の傾向 遺産相続では、法定相続人(法律で決められた相続人のこと)の中に未成年の子どもがいても、年齢に関係なく相続人になります。当然、遺産分割協議にも参加しなければならないのですが、未成年者は単独でも法律行為ができないため、子どもの代わりに法定代理人である親が参加します。 しかし、子と親が相続人という同じ立場の場合、一方が得をすると一方が損をするという利益相反が生じてしまうため、相続ではこれを禁止し、親では代理人になることができません。 神奈川県は、15歳未満の子どもが全国2位(2012年「総務省統計局」調べ)で、未成年者が相続人になるケースが見受けられます。未成年者とその親が同じ法定相続人になる場合、未成年者の代わりに法律行為を行う特別代理人を選任させる必要があります。 特別代理人には、対象となる相続に関わりのない親族でもなれますが、親族間の場合、感情が優先してしまう恐れがあり、後々トラブルへと発展するケースが散見されます。 将来のトラブルを防止する意味でも、特別代理人には専門家を選任するのが良いでしょう。 当センターでの相談内容の内訳 ■ 遺言について(10人) ■ 登記について(27人) ■ 遺産全般について(30人) ■ 遺産分割について(28人) ■ 税金(相続税、贈与税)について(2人) ■ その他(3人) サンプル:100人 相続問題を早期に解決させないといけない理由 相続問題はできるだけ早く解決させないと大変なことになります。 なぜなら、次のような3つのトラブルが起きるからです。 問題が長期化すると、家族間に遺恨を残す大きなトラブルになり、最悪、親子や兄弟姉妹の仲が修復不可能になる。 相続税の申告は、死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内と期限が決められている。期限に遅れると、税金を追加で収めなければならないことになる。 不動産をもっている人が亡くなり、誰が継ぐか決められないまま、相続人全員で相続することを繰り返すと、関係者が大人数になり、話し合いすら困難になることがある。 長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。 放置すると取り返しのつかないトラブルが起きる相続問題。 この問題を解決するためには、4つの方法があります。 1. 自分たちで解決する 自分で相続について勉強し、解決させることもできます。 ただ、相続の手続きは非常に複雑なため、内容を把握するのに多くの時間を要します。 さらには、手続きが中途半端になり、間違いや漏れが起きやすくなるため、多くの人は自分での対応をあきらめます。 2. 役所の無料相談を使う 役所が開いている30分ほどの相談窓口を使う方法です。 ただ、無料のため、相談に訪れる人が多く、予約制で相談日時の融通があまり利きません。 また、相続の相談が30分で終わることはめずらしく、悩みを打ち明けて簡単なアドバイスをもらったところで時間切れになるようでは根本的な解決にはつながりません。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから役所の相談窓口をチェックしていただけます。 → 神奈川県の役所 3. 弁護士会等の無料相談を使う 無料相談は30分と決まっているケースが多いほか、その弁護士が本当に「相続の専門家」かどうかは素人の人には分からないというデメリットもあります。 相続案件が得意ではない弁護士もおり、その場合は、的確なアドバイスを受けられないこともあり、注意が必要です。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから弁護士会の無料相談をチェックしていただけます。 → 神奈川県の弁護士会 4. 最初から「相続の専門家」に相談する 相続のプロですので、ムダな時間がかからず、トラブルを最短、かつ、最良のかたちで解決に導いてくれます。また、昔と違って今では、無料相談が当たり前の時代になっており、気軽に相談できるため、役所や弁護士会に相談する時よりも費用が高額になってしまうということもなくなっています。 以上の理由から、当センターでは、相続トラブルは相続の専門家に相談することをオススメしています。 では、専門家はどのように選べばよいのでしょうか? 相続の専門家の選び方 信頼度の高い専門家を見つけるためには、第三者機関を使うことをオススメします。 あまり知られていませんが、専門家にも得意・不得意の分野があるため、相談内容にあった専門家を選ぶことが大切です。 これは病気のときにお医者さんを選ぶのと同じです。 医者は、内科、耳鼻科、皮膚科、眼科、歯科、外科など、それぞれに専門分野があり、患者は症状にあわせてお医者さんを選びます。 胃腸の調子が悪ければ内科、骨折したのであれば外科といった感じです。 同じように、弁護士をはじめ専門家には専門分野があり、相続問題が得意な専門家もいれば、借金問題や離婚問題、交通事故が得意な専門家もいます。 相続問題を相談するのであれば、相続が得意な専門家に相談しなければいけません。 では、相続問題が得意な専門家とはどこなのでしょうか。 相続の手続きを行なっている専門家は、司法書士や税理士、弁護士などがありますが、その中でも最も相続問題が得意な専門家は、司法書士だとされています。 その理由は 弁護士よりも費用がかからない 税理士と違い、不動産の法的手続きができる 結果として、相続問題に関する知識と経験が豊富 といった、3点が挙げられるからです。 神奈川県で実際に相談された方の声 (川崎市|40代|男性) 相続人が10人を超えてしまい、私自身も連絡を取ったことがない方がいて困っていました。 弁護士さんにお願いすると、相続人全員の居住地を調べてくれ、協議もスムーズに進みました。やはりプロは違うなと感心しました。 (横浜市|40代|女性) 未成年の相続人がいたため遺産分割協議ができないでいました。弁護士さんに相談すると、特別代理人を選任する方法を教えてくれ、無事に解決できました。 相談せずに何も知らずにいたら、遺産分割が8年後になってしまうところでした。 (相模原市|60代|男性) 遺言書を作成しようと書籍を1冊購入しましたが、読んでもいまいちわかりません。 どうしたもんかと相談してみると、わからない箇所を丁寧に説明してくれるだけでなく、作成のサポートまでしてくれました。実際に話を聞くだけでここまで理解が違うのかと驚きました。 (横浜市|50代|女性) 不動産をめぐった兄弟の相続争いを相談しました。 私自身、単独名義での相続を妥協する気は一切なかったのですが、売却して代金を折半するのも1つの方法だと教示してくれ、解決のきっかけを作ってくれました。 無料相談したからといって、専門家と契約しなければならないということは一切ありませんのでご安心ください。 相談対応可能な神奈川県の地域 横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 ...

東京都の相続相談なら

Contents東京都で起きやすい相続問題の傾向相続問題を早期に解決させないといけない理由長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。相続の専門家の選び方東京都で実際に相談された方の声相談対応可能な東京都の地域 東京都で起きやすい相続問題の傾向 生前に遺言書を作成しておけば、どれだけ遺産が多くあったとしても、相続人同士の争いを防げる可能性が高くなります。遺言書で、遺産の行方を自らの意志で指定できるのです。 しかし、遺言書がなかった場合、遺産の行方は遺産分割協議といって、相続人同士の話し合いで決めなければなりません。高額の相続となれば、相続人それぞれの主張が一段と強くなり、遺産分割協議がまとまらないケースもよく見受けられます。 東京都は、1世帯当たりの貯蓄現在高が全国1位(2011年「総務省統計局」調べ)であり、遺産も高額になる傾向があります。そのためか、遺産分割協議で揉める事例が多く、いつまで経っても話し合いが進まずに悩んでいる方が多くいらっしゃいます。 もし、自身が生前に遺言書を作成していたら、残された相続人は遺産分割協議する必要がなくなるのです。となれば、遺産の行方を巡った相続人同士の衝突も防ぐことができます。 ただし、遺言書の作成は難しく、1つでも法的不備があれば無効になってしまうため、専門家のサポートのもと失敗がないように内容をチェックしてもらいましょう。 当センターでの相談内容の内訳 ■ 遺言について(8人) ■ 登記について(24人) ■ 遺産全般について(28人) ■ 遺産分割について(34人) ■ 税金(相続税、贈与税)について(2人) ■ その他(4人) サンプル:100人 相続問題を早期に解決させないといけない理由 相続問題はできるだけ早く解決させないと大変なことになります。 なぜなら、次のような3つのトラブルが起きるからです。 問題が長期化すると、家族間に遺恨を残す大きなトラブルになり、最悪、親子や兄弟姉妹の仲が修復不可能になる。 相続税の申告は、死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内と期限が決められている。期限に遅れると、税金を追加で収めなければならないことになる。 不動産をもっている人が亡くなり、誰が継ぐか決められないまま、相続人全員で相続することを繰り返すと、関係者が大人数になり、話し合いすら困難になることがある。 長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。 放置すると取り返しのつかないトラブルが起きる相続問題。 この問題を解決するためには、4つの方法があります。 1. 自分たちで解決する 自分で相続について勉強し、解決させることもできます。 ただ、相続の手続きは非常に複雑なため、内容を把握するのに多くの時間を要します。 さらには、手続きが中途半端になり、間違いや漏れが起きやすくなるため、多くの人は自分での対応をあきらめます。 2. 役所の無料相談を使う 役所が開いている30分ほどの相談窓口を使う方法です。 ただ、無料のため、相談に訪れる人が多く、予約制で相談日時の融通があまり利きません。 また、相続の相談が30分で終わることはめずらしく、悩みを打ち明けて簡単なアドバイスをもらったところで時間切れになるようでは根本的な解決にはつながりません。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから役所の相談窓口をチェックしていただけます。 → 東京都の役所 3. 弁護士会等の無料相談を使う 無料相談は30分と決まっているケースが多いほか、その弁護士が本当に「相続の専門家」かどうかは素人の人には分からないというデメリットもあります。 相続案件が得意ではない弁護士もおり、その場合は、的確なアドバイスを受けられないこともあり、注意が必要です。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから弁護士会の無料相談をチェックしていただけます。 → 東京都の弁護士会 4. 最初から「相続の専門家」に相談する 相続のプロですので、ムダな時間がかからず、トラブルを最短、かつ、最良のかたちで解決に導いてくれます。また、昔と違って今では、無料相談が当たり前の時代になっており、気軽に相談できるため、役所や弁護士会に相談する時よりも費用が高額になってしまうということもなくなっています。 以上の理由から、当センターでは、相続トラブルは相続の専門家に相談することをオススメしています。 では、専門家はどのように選べばよいのでしょうか? 相続の専門家の選び方 信頼度の高い専門家を見つけるためには、第三者機関を使うことをオススメします。 あまり知られていませんが、専門家にも得意・不得意の分野があるため、相談内容にあった専門家を選ぶことが大切です。 これは病気のときにお医者さんを選ぶのと同じです。 医者は、内科、耳鼻科、皮膚科、眼科、歯科、外科など、それぞれに専門分野があり、患者は症状にあわせてお医者さんを選びます。 胃腸の調子が悪ければ内科、骨折したのであれば外科といった感じです。 同じように、弁護士をはじめ専門家には専門分野があり、相続問題が得意な専門家もいれば、借金問題や離婚問題、交通事故が得意な専門家もいます。 相続問題を相談するのであれば、相続が得意な専門家に相談しなければいけません。 では、相続問題が得意な専門家とはどこなのでしょうか。 相続の手続きを行なっている専門家は、司法書士や税理士、弁護士などがありますが、その中でも最も相続問題が得意な専門家は、司法書士だとされています。 その理由は 弁護士よりも費用がかからない 税理士と違い、不動産の法的手続きができる 結果として、相続問題に関する知識と経験が豊富 といった、3点が挙げられるからです。 東京都で実際に相談された方の声 (新宿区|60代|男性) 父の残した遺産が膨大で、兄弟姉妹含めて取り合いのようになってしまいました。それぞれが自分勝手な意見を言うため、話し合いが一向にまとまらず、今回、弁護士にお願いしました。 弁護士介入後は、好き勝手言っていた兄弟全員が嘘のように静かになり、その存在感に大変驚きました。 (江戸川区|50代|男性) 初めての法律相談で緊張していたのですが、とても話しやすい先生で安心しました。 実際に相続が発生したら、また同じ先生に相談したいと思っています。 (大田区|40代|女性) 生前、父が作成していた遺言書に第三者への遺贈の記載があり、頭が混乱したまま先生のところへ駆け込みました。相手方と連絡を取ってくれるだけでなく、私自身の遺留分も確保してくれ、依頼して本当によかったです。 (八王子市|50代|男性) どうにも遺産分割協議がまとまらず、弁護士さんに相談しました。 相続人全員の希望を聞いた上で、誰もが納得できる提案を出してくれ、無事解決できました。毎週末に話し合いだけのために集まっていたのが、どれだけ無駄だったかと後悔しました。 無料相談したからといって、専門家と契約しなければならないということは一切ありませんのでご安心ください。 相談対応可能な東京都の地域 千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 ...

福島県の相続相談なら

Contents福島県で起きやすい相続問題の傾向相続問題を早期に解決させないといけない理由長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。相続の専門家の選び方福島県で実際に相談された方の声相談対応可能な福島県の地域 福島県で起きやすい相続問題の傾向 相続税は、亡くなった方が所有していた財産の総額から、各相続人が得た金額に応じて算出されます。一般に、相続税の課税対象にされるほど財産をお持ちの方は少数ですが、土地を所有している方の場合、地価の上昇によって相続税の課税対象にされてしまうことがあるのです。 福島県は、東日本大震災の影響で一時、地価が下降していましたが、現在は、本格的に復興事業が進んできた結果、3年連続で地価上昇が続いています(2015年「国土交通省」調べ)。 そのため、数年前まで相続税の課税対象になっていなかった方も、地価上昇の影響で気付かないうちに納税が必要になっている可能性があるのです。 また、平成27年から法改正によって相続税の基礎控除額が引き下げられているため、今まで以上に課税される方が増えています。しかし、相続税というのは事前に対策しておけば、納税を逃れることが十分に可能です。そのためには専門知識が必要になるため、弁護士や税理士といった相続、税分野のプロに相談し、不要な税金を納めなくてもいいように対策しておきましょう。 当センターでの相談内容の内訳 ■ 遺言について(4人) ■ 登記について(15人) ■ 遺産全般について(14人) ■ 遺産分割について(10人) ■ 税金(相続税、贈与税)について(2人) ■ その他(5人) サンプル:50人 相続問題を早期に解決させないといけない理由 相続問題はできるだけ早く解決させないと大変なことになります。 なぜなら、次のような3つのトラブルが起きるからです。 問題が長期化すると、家族間に遺恨を残す大きなトラブルになり、最悪、親子や兄弟姉妹の仲が修復不可能になる。 相続税の申告は、死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内と期限が決められている。期限に遅れると、税金を追加で収めなければならないことになる。 不動産をもっている人が亡くなり、誰が継ぐか決められないまま、相続人全員で相続することを繰り返すと、関係者が大人数になり、話し合いすら困難になることがある。 長期化すると大変な相続問題。 問題を解決するためには4つの方法があります。 放置すると取り返しのつかないトラブルが起きる相続問題。 この問題を解決するためには、4つの方法があります。 1. 自分たちで解決する 自分で相続について勉強し、解決させることもできます。 ただ、相続の手続きは非常に複雑なため、内容を把握するのに多くの時間を要します。 さらには、手続きが中途半端になり、間違いや漏れが起きやすくなるため、多くの人は自分での対応をあきらめます。 2. 役所の無料相談を使う 役所が開いている30分ほどの相談窓口を使う方法です。 ただ、無料のため、相談に訪れる人が多く、予約制で相談日時の融通があまり利きません。 また、相続の相談が30分で終わることはめずらしく、悩みを打ち明けて簡単なアドバイスをもらったところで時間切れになるようでは根本的な解決にはつながりません。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから役所の相談窓口をチェックしていただけます。 → 福島県の役所 3. 弁護士会等の無料相談を使う 無料相談は30分と決まっているケースが多いほか、その弁護士が本当に「相続の専門家」かどうかは素人の人には分からないというデメリットもあります。 相続案件が得意ではない弁護士もおり、その場合は、的確なアドバイスを受けられないこともあり、注意が必要です。 すべてがそのような場所とは限りませんが、興味がある方は、以下のリンクから弁護士会の無料相談をチェックしていただけます。 → 福島県の弁護士会 4. 最初から「相続の専門家」に相談する 相続のプロですので、ムダな時間がかからず、トラブルを最短、かつ、最良のかたちで解決に導いてくれます。また、昔と違って今では、無料相談が当たり前の時代になっており、気軽に相談できるため、役所や弁護士会に相談する時よりも費用が高額になってしまうということもなくなっています。 以上の理由から、当センターでは、相続トラブルは相続の専門家に相談することをオススメしています。 では、専門家はどのように選べばよいのでしょうか? 相続の専門家の選び方 信頼度の高い専門家を見つけるためには、第三者機関を使うことをオススメします。 あまり知られていませんが、専門家にも得意・不得意の分野があるため、相談内容にあった専門家を選ぶことが大切です。 これは病気のときにお医者さんを選ぶのと同じです。 医者は、内科、耳鼻科、皮膚科、眼科、歯科、外科など、それぞれに専門分野があり、患者は症状にあわせてお医者さんを選びます。 胃腸の調子が悪ければ内科、骨折したのであれば外科といった感じです。 同じように、弁護士をはじめ専門家には専門分野があり、相続問題が得意な専門家もいれば、借金問題や離婚問題、交通事故が得意な専門家もいます。 相続問題を相談するのであれば、相続が得意な専門家に相談しなければいけません。 では、相続問題が得意な専門家とはどこなのでしょうか。 相続の手続きを行なっている専門家は、司法書士や税理士、弁護士などがありますが、その中でも最も相続問題が得意な専門家は、司法書士だとされています。 その理由は 弁護士よりも費用がかからない 税理士と違い、不動産の法的手続きができる 結果として、相続問題に関する知識と経験が豊富 といった、3点が挙げられるからです。 福島県で実際に相談された方の声 (福島市|60代|男性) 過去に相続税対策していたのですが、最近になって法律が変わったとのことで再度お願いしました。1から保有資産を見直してみると相続税の課税対象になるとのことで、うまく財産を分配し、課税されないように調整してもらいました。 (郡山市|40代|女性) 弁護士先生のわかりやすい説明のおかげで、相続への不安が一気に解消しました。 (いわき市|60代|男性) 私が死んだ後は、妻に少しでも多くの財産を残したいと思っていました。これを実現するには遺言書が必要とのことで、先生に協力してもらいながら作成しました。最終的に公正証書遺言にしてもらったため、今ではとても安心しています。 (郡山市|60代|男性) 遺言執行者をお願いしました。まったく専門知識のない親族や友人に任せるより、知識も経験も豊富な専門家に任せたほうが安心感も段違いです。とても頼れる先生に巡り合えて本当によかった。 無料相談したからといって、専門家と契約しなければならないということは一切ありませんのでご安心ください。 相談対応可能な福島県の地域 福島市 会津若松市 郡山市 いわき市 白河市 須賀川市 喜多方市 相馬市 二本松市 田村市 南相馬市 伊達市 本宮市 伊達郡 安達郡 岩瀬郡 南会津郡 耶麻郡 ...