法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳細は「相続人は誰?」)。この優先順位によって配偶者と共に相続人となる者を、法定相続人といいます。では、「法定相続分」とは一体どのようなものなのでしょうか?
今回は、民法によって定められている、法定相続分についてご説明します。

最優先は被相続人の意思

被相続人が遺言にて、遺産の相続分を指定しているのであれば、最優先されるのは被相続人の意思です。遺言書が発見された場合は原則として、被相続人によって指定された相続分が相続人に対して分配されることになります。しかし、遺言書が発見されず、相続人同士の話し合いによる遺産分割が円満に進まなかった場合、遺産の分割協議は悪化の一途をたどり、最終的にこう着状態となってしまう恐れもあります。特に相続人が複数いる場合、それぞれがどの程度の割合で相続するかというのは、相続人全員にとって非常に大きな問題といえます。

法定相続分は分割の目安に

上記したような状態となってしまった場合に登場するのが法定相続分です。法定相続分とは、必ずその通りに分割されなければならないわけではありませんが、このように分割されるのが好ましいといった、法律上の目安となるものです。相続の優先順位と併せて活用することによって、円滑に遺産分割を進めることができるといえます。

下記にもっともシンプルなケースの法定相続分をまとめてみました。

  • 配偶者と直系卑属が相続人となるケース

配偶者、直系卑属の相続分の割合は、それぞれ2分の1

  • 配偶者と直系尊属が相続人となるケース

配偶者の相続分が3分の2、直系尊属の相続分は3分の1

  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人となるケース

配偶者の相続分が4分の3、兄弟姉妹の相続分は4分の1

なお、直系尊属とは、「子や孫など、被相続人より後の世代の親族」をいい、直系尊属とは、「父母や祖父母など、被相続人より前の世代の親族」をいいます。どちらも養子や養父母を含むものとなりますが、後の世代といっても兄弟姉妹の子、甥・姪の子は含みませんし、前の世代といっても、叔父や叔母、配偶者の父母・祖父母は含まないものとなっています。

内縁による相続には要注意

被相続人に子も親も兄弟もいなければ、全財産を配偶者が相続することになります。ここでいう配偶者とは、戸籍上の婚姻届が出されている法律上の配偶者のことをいいます。しかし、いくら数十年共に生活をしていたとしても、内縁関係の夫婦では法定相続人にはなれません。
内縁による相続を検討している場合は、遺言書を残すなり、婚姻届を提出するなり、必要な手続きを必ず取るようにしましょう。

カテゴリー:相続全般
キーワード:法定相続 直系卑属 直系尊属

関連記事

この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…

共有名義の不動産がある場合は?

まず、共有名義の不動産というのは、1つの不動産を複数人がそれぞれの持分(全体の3分の1など)にし…