借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。
借金や未払いの税金など「マイナスの財産」も引き継がれます。
「プラスの財産」だけ相続し、「マイナスの財産」は引き継がないといった勝手なことはできません。

相続人は全ての相続財産を把握したうえで、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に相続するかどうかを決めなければなりません。
「知ったとき」から3ヶ月となるため、被相続人(財産を残した人)が亡くなってから3ヶ月以上経過していても認められる場合もあります。
何もしないで3ヶ月が経過すると、プラスとマイナスの財産すべてを引き継ぐことになります。(これは「単純承認」と呼ばれます。)

相続発生後、親に多額の借金があったことが判明した場合、とりうる方法としては2つあります。
1つは「相続放棄」という方法です。
これは文字どおり、相続することを放棄します。
「プラスの財産」も「マイナスの財産」もいずれの財産も引き継がないことを意味します。

もう1つは「限定承認」という方法です。
これは「プラスの財産」の範囲内でのみ「マイナスの財産」を相続するというものです。
「プラスの財産」を超える「マイナスの財産」がある場合、その超過した「マイナスの財産」の返済義務を負うことはありません。
どちらの場合も3ヶ月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。

相続放棄するには、被相続人が最後に住んでいた住所地を管轄する家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出します。
相続人全員の同意がなくても、一人でも相続放棄することはできます。
一方で、限定承認するには、相続人全員の同意のもと、家庭裁判所に「家事審判申立書」と「財産目録」を提出します。

親の借金といえども、相続する義務はありませんので、3ヶ月以内に財産調査を実施し、「マイナスの財産」の方が大きい場合は相続放棄の手続きをお勧めします。

いちばん恐ろしいのは、財産調査して把握できなかった「マイナスの財産」が後になって発覚するケースです。
例えば、被相続人が第三者の連帯保証人になっていたのが後から発覚すると、ある日突然多額の債務支払義務が相続人に降りかかるという事態も考えられます。

被相続人が生前自分たちの知らないところで借金を繰り返していたり、他人の保証人になるような話があったのであれば、迷うことなく相続放棄の手続きをとりましょう。

なお、手続き前後に勝手に財産の一部また全てを売却したり隠したりすると自動的に財産の全てを引き継ぐ単純承認とみなされてしまいますのでご注意ください。

カテゴリー:相続全般
キーワード:借金 相続

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…

共有名義の不動産がある場合は?

まず、共有名義の不動産というのは、1つの不動産を複数人がそれぞれの持分(全体の3分の1など)にし…