共有名義の不動産がある場合は?

まず、共有名義の不動産というのは、1つの不動産を複数人がそれぞれの持分(全体の3分の1など)にしたがって、所有しあうことをいいます。よく、夫婦で持ち家を購入する際に、土地や建物を共有名義にすることが多いのですが、後々面倒となってしまう可能性があります。
今回は、共有名義の不動産の中でも、土地の共有名義について詳しくご説明します。

土地はなにをするにも共有者全員の同意が必要

土地というのは、共有者全員の同意がないことには、売却や建物の新築、取り壊しといったことをすることができません。なにをするにも、共有者全員の同意を取らなければならないため、共有者が多ければ多いほど、手間も時間もかかることになります。
また、共有者の1人が死亡することによってその持分は相続人へと引き継がれ、場合によっては持分がどんどんと細かくなっていきます。相続が発生する度にこれが繰り返されてしまうと、共有者は増え続け、共有者全員の同意を取るということが、さらに困難となってしまうのです。

共有状態を解消する3つの方法

上記したような問題が生じてしまうため、共有状態というのはなるべく早い段階で解消しておくに越したことはありません。共有状態を解消するには、主に3つの方法があるといえます。

1. 土地を売却後、その代金を持分割合で分配する

共有者が2~3人の段階であれば、共有者全員で土地を売却し、その代金を持分で割ってしまうという方法を取ることができます。こちらも共有者全員の同意がなければできませんが、まだ持分が細分化される前であれば、比較的取りやすい対処法といえます。

2. 対価を受け取り、自分の持分を他の共有者に譲渡する

たとえば、金銭や他の土地などといった、対価を受け取ることによって、自分の持分を他の共有者に譲渡してしまうという方法もあります。自己の所有している持分の範囲については自由にすることができるので、こちらの方法であれば共有者全員の同意は必要ありません。

3. 土地を分筆し、それぞれが分筆後の土地を単独所有とする

分筆というのは、1筆(土地の単位)の土地を法的に複数の土地に分割することをいいます。単独所有をできるなら、この方法が一番いいようにも感じますが、分筆をするには土地の境界確定測量という、少し複雑な測量手続きを踏まなければなりません。土地家屋調査士といった専門家の力が必要になってしまうので、そちらの費用負担までを考慮しなければならない点に注意が必要です。

カテゴリー:相続全般
キーワード:不動産 共有名義

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…