戸籍には何が記載されている?どんなことに使う?

戸籍というのは、「日本国民であることを証明するための制度、公文書」を指します。
日本という国では、出生した段階で父母の住所地や本籍地、子の出生地のある役所に、出生届を出さなければならず、出生の事実を戸籍へ記載する手続きを踏まなければなりません。
そこで一度戸籍へ記載されると、死亡をするか国籍の移動でもしない限りは、ずっと戸籍が残り続けることになります。

戸籍に記載されているもの

では、この戸籍には一体なにが記載されているのでしょうか。下記に簡単にまとめてみました。

  • 本籍
  • 氏名
  • 出生年月日
  • 戸籍に入った原因、その年月日
  • 実父母の氏名、その続柄
  • 養子であれば、養親の氏名と続柄
  • 夫婦がいれば、夫または妻である旨
  • 他の戸籍から入った者は、従前戸籍の表示
  • 届出や申請の受付年月日、本人以外の者が届出・申請した場合は、その者の資格と氏名
  • 他の市区町村の長、または官庁から受理した届出・申請などの送付を受けた場合は、その受付の年月日、および書類を受理した者の役職名
  • その他、身分に関すること

上記したような記載がされることになります。
なお、本籍地というのは、単に戸籍を管理している場所を定めるだけなので、日本国内であればどこを本籍地として選んでも良いとされています。

戸籍の情報を利用したいとき

上記したような戸籍に記載された情報を利用したいときは、本籍地の市区町村役場に申請をすることによって、取り寄せることが可能となっています。その際、必要に応じて、戸籍謄本(こせきとうほん)や戸籍抄本(こせきしょうほん)といった形式での書面交付を受けることができます。
直接、本籍地の市区町村役場に足を運ぶことができない場合は、郵送での請求も可能となっています。ただし、誰にでも取得できるわけではなく、本人もしくはその家族であることか、利害関係を証することができない限り、申請は認められない決まりとなっています。

相続手続き時、戸籍の確認が必要に

相続の関係上、戸籍の確認が必要となるのは、身分関係や親族関係を証明するときです。また、被相続人の法定相続人(詳細は「相続人は誰?」)を確認する際にも必要となります。
現在の戸籍を見れば、その人の現在の情報を確認することはできるのですが、それだけでは情報が足りないことがほとんどです。過去に本籍の変更や離婚歴があるならば、すべての戸籍を遡っていかなければ、必要となる相続関係の把握ができないこともあります。出生から死亡までの戸籍がすべて確認できないことには、法定相続人を確定することができないのです。
このように戸籍を遡っていくということは、相続において欠かせない手続きの1つです。

カテゴリー:相続全般
キーワード:相続 戸籍. 全部事項証明書

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…