親の相続放棄は子ができる?相続権は?

親の代わりに祖父母からの相続権を得るため、孫である子が親の相続放棄を代理することは可能でしょうか?この質問の答えとしては、親の相続放棄の申述(詳細は「借金も相続するの?」)を、子が代理ですること自体は可能です。しかし、あくまでも相続放棄をするという親本人の意思がなければできませんし、家庭裁判所から送られてくる、「相続放棄に関する照会書」も親宛てに届くことになります。また、無事に相続放棄が終わったとしても、相続権については注意をしなければなりません。子は、親が相続放棄をしたからといって、そのまま相続権を得るわけではありません。

相続放棄後の相続権と代襲相続について

たとえば、祖父の相続について、父が死亡により相続できなかったとなれば、代襲相続(詳しくは「相続人はだれ?」)によって、孫へと相続権が移ることになります。しかし、父が生存していて相続放棄をした場合、父は初めから相続人でなかったことになるため、孫への代襲相続が発生することはありません。
確かに相続放棄によって父が祖父の遺産を相続することはなくなりますが、相続権は孫へと代襲相続されるのではなく、父と同順位にあたる他の者の相続分が増えることになります。
また、同順位の者が全員相続放棄をしていた場合であれば、後順位の者に相続権が移ることになり、ここでも孫に相続権が移るようなことはありません。

代襲相続は死亡、相続欠格、相続廃除のとき

代襲相続が発生するのは、相続放棄があった場合ではなく、もともとの相続人が死亡していた場合か、相続欠格や相続廃除(詳細は「相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?」)があった場合です。代襲相続について勘違いしている方が稀にいますが、相続放棄をしてからでは取り返しがつきませんので、しっかりと上記したことを把握しておくようにしましょう。
なお、親の死亡によって孫への代襲相続が発生していたとしても、代襲相続人である孫が相続放棄をしたとなれば、再度の代襲相続(さらに下のひ孫への相続)はしませんので、この点についても注意が必要といえます。

勘違いの相続放棄には注意しましょう

上記したような勘違いによって、意外な人物へと相続権がいってしまうこともあります。
たとえば、被相続人の両親や兄弟姉妹がすでに亡くなっていて、親族関係が、妻・子・甥・姪、であった場合、子が相続放棄をすることによって、まず後順位の両親へと移ることになりますが、すでに亡くなっています。となれば、兄弟姉妹が相続人となりますが、兄弟姉妹もすでに死亡しています。となると、兄弟姉妹の代襲相続によって、甥・姪が相続人となってしまうのです。
こうなってしまうと、配偶者にすべての遺産がいくわけでもなく、被相続人の孫へと遺産がいくわけでもありません。この場合、配偶者には4分の3、残りの4分の1を甥・姪の人数で割った分が法定相続分(詳細は「法定相続分って?」)となってしまいます。
このような意図せぬことにならないよう、相続間関係についてはしっかりと確認をしてから相続放棄をしましょう。

カテゴリー:相続全般
キーワード:相続放棄 代襲相続

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…