単純承認、限定承認って?

「相続放棄」という言葉は、世間的に見ても馴染みのある言葉なのではないでしょうか。しかし、相続放棄と同様、相続開始時の選択肢の1つである、「限定承認」や「単純承認」といった言葉については、あまり聞き慣れていないのではないでしょうか。
今回は、このあまり馴染みのない言葉、「限定承認」と「単純承認」についてご説明をします。

まずは単純承認について知ろう

相続の選択肢には、単純承認というものもあります。これは、財産上の権利義務をすべて承継することを意味します。また、相続から3ヵ月が経過しても相続放棄や限定承認の手続きを取らないことで単純承認をしたものとみなされます。
単純承認というと少しわかりにくいかもしれませんが、単に通常の相続をすることをいいます。

限定承認は安全策の1つ

限定承認についての詳しい説明はこちら(「借金も相続するの?」)になります。
簡単に説明すると、限定承認とは、被相続人のマイナス財産とすべてのプラスの財産を差し引きして、マイナス財産が上回るようなら相続の承認はしませんよ、ということです。
相続放棄の期間である3か月以内に、マイナス財産がいくらあるのかをしっかりと確認ができない場合は、限定承認をしておいたほうが安全といえます。その逆で、多額のマイナス財産が判明していて、プラスとなる財産がいくらあるのかを確認できない場合も限定承認は有効です。

限定承認は簡単にはできない

上記したように、限定承認は確かに安全な手続きなのですが、簡単にはできない手続きになっています。というのも、相続人の全員がそろって手続きを行わなければなりませんし、1人でも単純承認を検討している者がいれば、限定承認はできないことになっています。限定承認ができず、どうしても単純承認をしたくないのであれば、取れる選択は相続放棄をするしかありません。
また、相続人の中に相続放棄をした人がいる場合、その人は初めから相続人でなかったことになりますので、その人を除く全員の合意があれば限定承認をすることは可能です。

煩雑な手続きに巻き込まれてしまう可能性も

限定承認をしていた場合であっても、いったんは相続人に対してマイナス財産も相続されることになります。一切の債権債務を引き継ぐことのない相続放棄とは違って、返済義務や強制執行(裁判所などの公的機関によって債権の強制的な回収をすること)される可能性までもが引き継がれてしまうことになります。もちろん相続財産の範囲に限りという限定つきですが、あまり気分のいいものではありませんし、差し押さえといった煩雑な手続きに巻き込まれてしまう可能性もあります。

相続の際、限定承認をするか、相続放棄をするか、単純承認をするか、というのは選択を必ず迫られることになりますので、それぞれの特徴をよく掴み、後悔のない判断をするようにしましょう。

カテゴリー:相続全般
キーワード:限定承認 単純承認

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…