遺産目録って何?

被相続人が死亡時に残した財産のことを「遺産」といいます。遺産にはプラス財産だけでなく、マイナス財産も含まれ、その中見は様々なものとなっています。
いざ相続が発生すれば、被相続人の残した遺産は、遺産分割だけでなく税金上の取り扱いもあるため、その中見について客観的な把握ができるように、遺産目録(相続財産目録)を作成することになります。

プラス財産(資産)とマイナス財産(債務)の種類

遺産の中でもプラス財産となるのが、現金・預貯金・不動産・動産・債権・株などです。マイナス財産となるのが、金融機関からの借金・未払いの入院費や医療費・税金の未納分などといったものとなります。
この2種類の遺産を明確にし、プラス財産とマイナス財産をそれぞれ個別に書きだした遺産目録を作成します。この遺産目録は、客観的な資料としてさまざまな場面で利用することになりますので、積極的に作成するようにしましょう。

遺産目録の記載内容について

  1. 現金・預貯金・貸金・手形・小切手・株券など
    現金は、そのまま金額を書き記すだけでも良いですが、預貯金の場合は、「銀行名・支店名・口座の種類・口座番号・金額」といったものまで確認し、記載するようにしましょう。
    貸金といった債権(ここでは回収できる権利のこと)の場合は、「債務者の氏名・連絡先・貸付日・返済期限・利率」といったものを一般的には記載します。その他、手形や小切手、株券といったものもプラスの財産になります。
  2. 不動産
    不動産の場合、まずは登記事項が記載されている登記事項証明書(法務局にて取得可)を調べます。土地の場合は、「所在・地番・地目・地積」を、建物の場合は、「所在・家屋番号・種類・構造・床面積など」といった内容の記載をします。
  3. 債務
    債務の記載についても、基本的には資産の場合と同様です。相続人から被相続人への生前の貸し付けがあれば、それも債務に含まれますし、被相続人への立て替え金といったものも被相続人の債務になります。こちらには入院費や治療費といったものも含まれます。

みなし相続財産と生前贈与に注意

みなし相続財産というのは、法律上は遺産にはなりませんが、相続税の計算上は相続財産に含めて計算されるというものです。代表的なみなし相続財産として、死亡保険金や死亡退職金といったものがあります。こちらには「500万円×法定相続人の数」という非課税枠がついていますので、それを超える金額が相続税の課税対象です。
また、相続開始の3年以内に生前贈与されていた財産についても、遺産には含まれませんが、相続税の課税対象となります。たとえ年間110万円という贈与税の基礎控除額の範囲内であったとしても、贈与から3年以内の死亡であれば、課税対象となってしまうので注意しましょう。

カテゴリー:遺産分割
キーワード:遺産 資産 債務

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…