相続のスケジュールは?

遺産相続のスケジュールは期限が細かく設定されているため、酷なようですが、いつまでも悲しみに暮れているわけにはいきません。何から手をつければいいのかわからないままでいると、期限はあっという間に迫ってしまいます。ギリギリになって、「まだなにも準備していない!」なんてことにならないためにも、こちらでしっかりと遺産相続のスケジュールを確認しておきましょう。

  1. 死亡届の提出
    被相続人の死亡から7日以内に死亡届を提出しなければなりません。
  2. 遺言書の確認
    自筆証書遺言が見つかった場合は、家庭裁判所の検認手続が必要になります。
  3. 社会保険・年金関係・生命保険・損害保険といった細かい手続き
    役所や社会保険事務所、保険会社などに連絡し、所定の手続きを取りましょう。
  4. 相続人の特定
    誰が相続人となるのか?被相続人の出生から死亡までの戸籍を取り寄せる必要があります。
  5. 相続放棄・限定承認の選択
    相続放棄・限定承認の手続きは、相続を知った日から3ヵ月以内が期限とされています。
  6. 所得税の準確定申告
    被相続人に申告をすべき所得税があれば、4ヶ月以内に申告しなければなりません。
  7. すべての相続財産の把握
    被相続人にどのような財産があるのかを調査し、把握しておくようにしましょう。
  8. 遺産分割協議、分割協議書の作成
    遺言書が見つからなければ、相続人全員参加による遺産の分割協議をしなければなりません。
  9. 預貯金・有価証券・不動産などの名義変更
    名義変更手続きには、戸籍謄本や遺産分割協議書が必要となる場合がほとんどです。
  10. 相続税申告書の作成・提出
    被相続人の死亡の翌日から10カ月以内に申告書の作成・提出を行わなければなりません。
  11. 遺留分減殺請求の期限
    遺言書による相続だった場合、遺留分減殺請求は相続を知ってから1年以内となっています。
  12. 未分割財産の分割
    相続税について未分割申告をしていた場合は、3年以内に分割確定をしなければなりません。

このように、遺産相続のスケジュールは細かく設定されていますので、なるべくこの順序に沿って手続きを進めていくようにしましょう。特に、相続放棄・限定承認、相続税の申告については、期限以内になされない場合、取り返しのつかない事態にもなりかねませんので注意が必要です。
どうしても不安な場合は、専門家に依頼をして、しっかりとスケジュール管理をしてもらうようにしましょう。自身でも手帳に記載しておくことや、携帯電話のメモ機能を利用するなどして、手続きの期限を忘れないようにする心掛けが必要といえます。
また、相続問題は親族間で揉めることも非常に多い、複雑な手続きとなりますので、すべてスムーズに進む前提ではなく、ある程度は期間に余裕を持たせて行動をするようにしましょう。

カテゴリー:相続全般
キーワード:相続 スケジュール 期限

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…