凍結した預金口座はどうすればいい?

金融機関は預貯金を持っている人が死亡した事実を知ると、預金口座を凍結することによって、勝手に預金の引き出しを行えないようにします。よく金融機関に死亡の事実を知られ、口座が凍結されてしまう前に、家族や身内が預金口座から現金を引き出す行為をしていますが、これは本来であれば違法行為に該当します。たとえ家族であったとしても、口座名義人以外が預金口座から現金をおろしてしまえば、詐欺や窃盗の罪に問われる可能性があるのです。
凍結された預金口座から現金をおろすためには、遺産分割によって預金の行方を決定し、分割内容にもとづいて行うべきとされています。

遺産分割のためには残高証明などが必要

とはいえ、預金の残高がわからないことには、遺産分割をすることはできません。まずは被相続人の預金がいくらあるのかを把握することからはじめます。また、相続開始前に他の相続人が勝手に預金をおろしていないかどうかをチェックするという意味で、残高証明の発行に加え、通帳がない場合は取引履歴の開示請求も行うようにしましょう。
どちらの請求も、相続人であれば1人で行うことが可能です。必要な書類は金融機関によっても若干の違いはありますが、おおまかに、被相続人の死亡を確認できる戸籍(除籍)謄本、相続人であることを確認できる戸籍謄本、相続人の印鑑証明書などです。

口座凍結を解除する方法

口座凍結を解除する方法としては、遺産分割協議を終わらせることです。遺産分割協議が終了していれば、被相続人が残した全財産について、相続人全員の合意のもと分割がされていることになります。金融機関に求められた場合は、遺産分割協議書を提出しましょう。
また、口座凍結されている預金の相続割合だけを先に決めてしまう方法もあります。すべての遺産分割協議が終わるまでとなると、かなりの時間を要してしまう場合もありますが、この方法であれば短時間で口座凍結を解除することが可能です。
なお、口座凍結の解除申請は、各金融機関所定の用紙に必要項目を記載し、必要書類を添付することによって完了します。こちらの必要書類についても、金融機関によって若干異なることがありますが、おおまかに下記の書類を求められることが多いといえます。

  1. 被相続人の出生から死亡までの戸籍(除籍)謄本
  2. 相続人全員分の戸籍謄本
  3. 相続人全員分の印鑑証明書

口座の名義変更をする場合

口座凍結を解除した後、口座の名義人を相続人名義に変更をする場合は、金融機関の名義変更届けなどによって申請することになります。こちらの手続きも金融機関によっては、上記したような書類に加え、被相続人の預金通帳や届け出印などが必要となってしまうこともあります。
どんな手続きであっても、金融機関によって求められる書類や申請方法などが異なってきますので、必ず金融機関ごとに確認をするようにしましょう。

カテゴリー:遺産分割
キーワード:口座凍結 残高証明 名義変更

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…