異母兄弟がいる場合の相続分は?

異母兄弟であったとしても、民法上、被相続人の子であれば相続分は同等となりました。これは平成25年の民法改正によるもので、それ以前においては、「嫡出子(ちゃくしゅつし)」と「非嫡出子(ひちゃくしゅつし)」とは区別がされていて、非嫡出子は嫡出子の2分の1しか相続分がありませんでした。嫡出子とは、「法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子ども」のことをいい、非嫡出子は、「法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子ども」のことをいいます。

具体的な例でみる

たとえば、被相続人に先妻と後妻がいて、どちらかの妻との間にしか子がいなければ、問題となることはほとんどありませんが、どちらの間にも子どもがいる場合、感情的な面からもトラブルが生じる可能性が出てきます。後妻の子は被相続人と共に過ごしてきて、先妻の子は被相続人とは離れて暮らしてきたというパターンが非常に多いためです。しかし、民法上は先妻の子であろうと後妻の子であろうと、相続分は同等となります。
なお、先妻はすでに被相続人の配偶者ではないため、相続権はありません。こちらは勘違いしやすいため、併せて覚えておくようにしましょう。

例外として残っている区別

例外として「全血兄弟」、「半血兄弟」という区別はいまだに残っています。全血兄弟とは、被相続人と父母の双方を同じくする兄弟をいい、半血兄弟とは、父母の一方だけが同じ兄弟をいいます。
たとえば、夫に先妻と後妻がいて、先妻との間に3人兄弟がいたとします。先妻はすでに亡くなっており、夫は後妻と婚姻し、その間には2人兄弟がいた場合を例にしてみましょう。
ここで、先妻の長男が亡くなり、次男と三男(全血兄弟)、後妻との間の兄弟(半血兄弟)2人の合計4人が法定相続人となったとします。この場合の相続分が、全血兄弟は2であるのに対し、半血兄弟はその半分の1になります。これが全血兄弟と半血兄弟の区別です。
こちらはあくまでも、兄弟姉妹が相続人となる場合にのみ出てくるものであって、被相続人に子がいる場合は関係ありませんので注意しましょう。

兄弟姉妹には遺留分がない

その他、勘違いしやすいのが兄弟姉妹の遺留分です。兄弟姉妹以外の法定相続人には遺言によって影響を受けない遺留分がありますが、兄弟姉妹には遺留分がありません。
兄弟姉妹に遺留分がないとされる理由は、相続関係が一番遠いことが挙げられます。また、兄弟姉妹までは代襲相続(詳しくは「相続人は誰?」)が認められるため、甥や姪にまで遺留分が発生してしまうことになります。それでは遺言者や、残された配偶者や子どもに酷なので、兄弟姉妹には遺留分権が与えられていません。

カテゴリー:遺産分割
キーワード:嫡出子 非嫡出子 全血兄弟 半血兄弟

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…