遺産分割の方法って?

遺産分割にはいくつか方法があります。たとえば、すべての遺産を一度に分割することを全部分割といい、一部の遺産を分割することを一部分割といいます。
実際に遺産の一部だけを先に分割するというのはよく使われる方法で、例えば、納税資金を準備するために、特定の不動産のみを分割協議が確定する前に売却してしまうといった、臨機応変な対応も可能となっています。
その他、遺産分割には「換価分割」、「現金分割」、「代償分割」、「共有分割」といった方法もあります。

現物分割(げんぶつぶんかつ)とは

こちらは各相続人が個別に相続する財産を決める方法です。たとえば、この土地は長男が相続する、あの建物は配偶者が相続する、といった具合に相続人それぞれが欲しい財産を決めていき、財産の形を変えることなく基本的には現物そのままを相続します。
いちばんオーソドックスな分割方法ですが、例えば、財産が自宅のみで分割できない場合には、まとまらない可能性があります。その場合は、次に説明する代償分割といった方法がとられることが多いです。

代償分割(だいしょうぶんかつ)とは

こちらは特定の相続人が価値の高い遺産を現物でそのまま相続し、残りの相続人の相続分に満たない不足分を現金で支払う方法です。遺産の大部分が分割の難しい不動産であったような場合などに有効な方法です。
しかし、代償分割は、価値の高い遺産を相続する相続人に代償分を支払う資産がなければなりません。当事者間の合意さえあれば、分割で支払っていくという方法もあるにはありますが、残りの相続人は、それがしっかりと実行できるかどうかを見極める必要があるといえます。
相続人に代償分を支払う資産がない場合は、次に説明する換価分割といった方法がとられることが多いです。

換価分割(かんかぶんかつ)とは

こちらは相続財産の全部や一部を売却し、現金に換えてしまってから各相続人に分割する方法をいいます。不動産などで分割してしまうと価値が下がってしまう場合に利用される方法です。
現金を分割するため、一見争いもなくスムーズに進みそうではありますが、財産をそのままの形で利用できなくなってしまう点と、土地や建物を売却した際、相続人全員に譲渡による税金の負担があるというデメリットがあります。
ここまで説明した3つの分割方法のいずれもが煩わしいと思われる場合は、最後に説明する共有分割という方法をとることになります。

共有分割(きょうゆうぶんかつ)とは

こちらは遺産の全部や一部を、相続人全員が共同で所有する方法です。不動産の相続であれば、それをわざわざ換価する必要もなく、また現物を小さく分割する必要もなく、手続きだけですんでしまうというメリットがあります。しかし、共有名義の不動産は、様々な制約を受けることになるため(詳しくは「共有名義の不動産がある場合は?」)、あまりおすすめできる方法ではありません。

カテゴリー:遺産分割
キーワード:換価分割 現物分割 代償分割 共有分割

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…