遺産分割協議書作成の注意点は?

遺産分割協議の最後には、基本的に、遺産分割協議書を作成します。相続登記や相続税の申告といった法的手続きに遺産分割協議書は必要となりますし、後々の争いを避けるために証拠として残しておくためにも、遺産分割協議書は作成しておきましょう。
では、遺産分割協議書の作成にあたっては、どのようなことに注意をすれば良いのでしょうか?

遺産分割協議書作成の注意事項

遺産分割協議書を作成する際は、下記の注意事項を参考にして作成をするようにしましょう。

  1. どの相続人が何をどれだけ相続するのかを明確に記載します。記載にあたっては、遺産目録作成(詳しくは「遺産目録とは?」)のときと同様に、詳しく記載する必要がある点も注意しましょう。

  2. 第三者に対する遺贈があった場合は、どのように処理するのかを記載しておきます。

  3. 書式については特に定めがあるわけではありませんので、パソコンなどで作成した文章でもかまいません。しかし、署名だけは手書きでしなければならない点だけ注意しておきましょう。なお、署名は必ずボールペンや筆で行い、すぐ消えてしまう鉛筆などでは記載してはいけません。

  4. 作成した遺産分割協議書の文章に訂正があるような場合は、訂正箇所の欄外に全員が訂正印を押すようにしましょう。その他、ページ数が何枚かにまたがるようであれば、契印(割印)を押しておくのが正しい作成方法です。

  5. 住所の記載については住民票や印鑑証明書記載のとおりにしましょう。こちらは不動産の相続登記の際に必要となりますので、省略することなくそのまま記載をしましょう。

  6. 遺産分割協議書には、上記以外の事項を記載しても問題はありませんが、その場合は特記事項として記載し、後々問題にならないように、その特記事項がどのような法的効力を持つものなのかを明確に記載しておくようにしましょう。

  7. 後日、新たな相続財産が見つかった場合のために、その際は再度の協議をするといった、トラブル防止の一文を入れておくようにしましょう。

  8. 遺産分割協議書の内容について各相続人が合意しているのであれば、各相続人は遺産分割協議書に署名押印をし、印鑑証明書を添付します。押印する印鑑は印鑑証明書と同一ものを使用しましょう。というのも、法的手続きに遺産分割協議書を使用する場合は、印鑑証明書と同一の印鑑でなければなりません。単なる認印では法的手続き時に使用できないため注意しましょう。

  9. 作成枚数は、各相続人と包括受遺者(詳しくは「特定遺贈と包括遺贈って?」)などの参加者全員に1通ずつになります。遺産分割協議書の作成後は、各自が保管をすることになりますので、失くさないように大切に保管をしておくようにしましょう。

カテゴリー:遺産分割
キーワード:遺産分割協議書 注意点

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…