失踪宣告・認定死亡とは?

相続というのは、原則として、人が死ぬことによって開始されます。しかし、その死亡を正確に把握することができない場合、例外として「失踪宣告」、「認定死亡」といった方法によって、相続開始が認められることもあります。被相続人の死亡が明らかになっていないと、いつまで経っても相続が開始されないため、これを回避する意味でこうした制度ができました。
それでは、失踪宣告・認定死亡とはどのようなものなのか、細かく見ていきましょう。

失踪宣告とは?

失踪宣告とは、簡単にいえば、行方不明になってしまった人物の生死が分からない場合において、その人物はすでに死亡したとみなす制度を言います。これによって、死亡と同様の法的効果が及ぶことになり、相続開始の要件を満たすというわけです。
なお、失踪宣告というのは、相続人をはじめとする失踪対象者の利害関係人が家庭裁判所に申立をし、失踪要件を満たしているかどうかを裁判官が判断をし、最終的に審判によってはじめて認められることになります。対象者が行方不明になってしまったからといって、自動的に失踪宣告が認められるわけではありませんので注意が必要です。

失踪宣告の要件

失踪宣告には、「普通失踪」と「特別失踪」という2種類があります。それぞれ異なる要件が定められていますので、下記にて簡単にまとめてみました。

  • 失踪対象者の行方や生死が明らかでないまま7年間が経過していた場合
  • 失踪者の利害関係人から家庭裁判所に申立があった場合

上記の要件を満たしていれば、普通失踪が認められることになります。
特別失踪の場合は、普通失踪には該当しない、下記のような特別な状況下での失踪をいいます。

  • 失踪対象者が戦地に臨んだ場合や沈没した船舶にいた場合
  • その他、死亡の原因となる危難(自然災害なども含む)から1年間が経過していた場合

上記の要件を満たしていたとなれば、普通失踪よりもはるかに早い段階で死亡とみなされる、特別失踪が認められることになります。

認定死亡とは?

では、認定死亡についても見ていきましょう。認定死亡とは、上記の特別失踪と同様の状況下にあった場合、その調査に当たった公的機関(海上保安庁・警察署長など)の判断によって、戸籍に死亡を反映させるという、戸籍法上の制度をいいます。

失踪宣告・認定死亡の違い

失踪宣告・認定死亡ともに、相続開始の要件を満たすことになっていますが、死亡とみなす失踪宣告とは違い、認定死亡ではあくまでも死亡の推定にしかなり得ません。よって、認定死亡の場合は、対象者が生存している証拠の提出によってすぐに覆ることになります。しかし、失踪宣告の場合、証拠の提出に加え、失踪宣告の取り消しを家庭裁判所に対して申し立てねばなりません。
つまり、すでに財産が相続されていた場合、認定死亡ではすぐに取り返すことが可能となっていますが、失踪宣告の場合は、別途続きを経なければならないという点に大きな違いがあります。

カテゴリー:相続全般
キーワード:失踪宣告 認定死亡

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…