判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?
主に考えられる判読できない状態といえば、2つが挙げられます。遺言書の書き方が雑で、文字自体が読めない場合と、文字が薄れてしまうなどの欠損によって、物理的に読み取れない場合とがあります。こういった場合は、判読できない部分を無効として取り扱うことにするか、筆跡鑑定などによって当該箇所を補うといった方策が必要となってきます。

遺言者の意図的な破棄が見て取れる場合

その他にも、遺言者が意図的にその部分を破棄(二重線などによって)していると見て取れる場合は、その部分についての遺言は取り消されたことになります。ただし、遺言者以外の者による破棄であった場合、特に、相続人や受遺者が自身に有利になるように遺言書を意図的に破棄していたとなれば、その人物は相続欠格(詳しくは「相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?」)となり、相続財産を受け取る権利を失うことになっています。しかしながら、実際のところ、誰による意図的な破棄かを読み取るというのは非常に難しく、決定的な証拠でもない限りは、争いの種になりやすい問題といえます。

筆跡鑑定・科学的鑑定を利用することも

上記のように破棄が誰によるものかわからない場合や遺言書の文字を判読できない場合には、筆跡鑑定や科学的鑑定を利用するという手段もあるにはあります。たとえば、遺言者の癖字がどうしても判読できないような場合、ある程度の遺言者の書いた文字のサンプルさえ入手できれば、筆跡鑑定によって判読することが可能といえます。もちろん草書体や慣用の崩し程度であれば、容易に鑑定することも可能です。
また、破棄の際に使用されたペンのインクなどを科学的に鑑定することも可能となっていますし、汚れや磨滅によって判読できないといった場合であっても、現代の科学的鑑定を利用すれば読み取れるようになることもあります。

それでも判読できない場合は・・・

上記の方策によっても判読できない場合や、そこまでする必要もないといった相続人全員の同意があるような場合は、その箇所についてのみを無効と取り扱うことになっています。遺言者の意思表示が完成していない(読み取ることができない)のですから、こうする他にはありません。
なお、鑑定などを利用した上でも、相続人同士の争いが生じるようでしたら、次は裁判所に鑑定を依頼し、最終的な判断をゆだねることになります。とはいえ、裁判所に判断をゆだねるというのは、最後の手段といえますので、なるべくなら鑑定だけではなく法律の専門家も交え、相続人同士の協議によって結論を出せるに越したことはありません。相続人同士の調和を図るという意味でも、専門家の存在というのは非常に重要と言えます。

カテゴリー:遺言
キーワード:遺言 判読 鑑定

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?

たとえ、法定相続人であったとしても、相続権を失ってしまうことはあります。これを「相続欠格」・「相…

法定相続分って?

配偶者は必ず相続人となりますが、その他の相続人となる優先順位は、民法によって定められています(詳…

相続100の疑問

相続の相談では皆様からさまざまな質問をお受けします。ご相談される方の背景はそれぞれ異なりますが、…

借金も相続するの?

相続する財産は不動産や預貯金など「プラスの財産」だけではありません。 借金や未払いの税金など…

寄与分って何?

寄与分というのは、本来の相続分以上に財産を受け取ることができる制度のことをいいます。ただし、被相…