パスポートの返納

故人がパスポートを持っていた場合、パスポートセンターや旅券事務所などの窓口で返納手続きを行います。故人の形見として記念に残しておきたい場合は、窓口で申し出ましょう。使用できないように処理を施した上で、返してもらうことができます。

届出・手続きのポイント

期限や行う時期 落ち着いたらすみやかに
手続きする場所 パスポートセンター、旅券事務所など
準備するもの 故人のパスポート、死亡した事実が分かる書類(戸籍謄本や住民票除票など)など

なるべく早く返納する

パスポート(旅券)は、日本国政府が外国政府に対して、その所持人が日本国民であることを認める公文書です。死亡後はすみやかにパスポートを返納することが原則として決まっています。故人がパスポートを持っていた場合、すみやかに返納しましょう。

パスポートの返納手続きは、全国の都道府県に設置されているパスポートセンターまたは旅券事務所などで行います。

近年では、市区町村に権限が移されて、市区町村役場でパスポートにまつわる業務を行っている自治体もあります。外務省のホームページを確認して、手続き可能な窓口を調べましょう。

(参考)外務省:パスポート申請先都道府県ホームページへのリンク

返納手続きに必要なもの

なお、返納手続きに必要なものは次の通りです。

  • 故人のパスポート
  • 死亡した事実が分かる書類(戸籍謄本や住民票除票など)
  • 届出人の身分証明書(運転免許証やパスポートなど) など

記念として手元に残しておきたいときは、返納手続きの際にその旨を申し出ましょう。そのパスポートが使用できないようにパンチで穴を開けた上で、届出人に返してくれます。

パスポートは身分証明書として使える大切な書類です。紛失や盗難によって悪用されることがないよう、早めの返納をおすすめします。手元に残す場合も、無効処理がしてあるとはいえ、念のため管理には気をつけましょう。

関連記事

相続税対策と相続の流れについて

相続において心がけるべき原則と基本的な流れを時系列でご説明します。

個人番号カードまたは通知カードの返納

死亡届が受理されると、個人番号カード(マイナンバーカード)は自動的に失効します。ただし、個人番号…

納税義務の有無の確認

納税義務が発生するのは、一定額以上の相続財産を引き継いだ場合のみです。

相続財産の調査

相続財産には、土地や建物といったプラスの財産だけでなく、住宅ローンやカードローンなどの負債も含ま…

死亡退職届の提出・死亡退職金の受取

故人が在職中であった場合、故人が所属していた組織に死亡退職届を提出する必要があります。ま…