遺品整理

故人が生前使っていた身の回りの品全般を遺品と呼び、死亡後は必要に応じて整理します。ただし高価なものを受け取ると贈与税がかかることも。また、遺品整理をすると相続放棄が認められない可能性があるので、相続放棄を予定している場合は注意が必要です。

届出・手続きのポイント

期限や行う時期 落ち着いたらすみやかに
手続きする場所 特になし
準備するもの 特になし

遺品整理とは?

遺品とは、故人が遺した物すべてのことを指す言葉です。ただし一般的には、現金や預貯金、不動産といった財産とは区別します。

具体的にいうなら、故人が生前に使っていた家具や生活用品といった身の回りのもの、さらには趣味で集めたコレクションなど、財産価値があまり大きくないものを指して、「遺品」と呼ぶのが一般的です。

遺品整理とは、故人が残した遺品を整理することで、遺品処理や遺品処分とも呼ばれます。遺品整理の対象となる物品は、主に次の通りです。

  • 家具
  • 家電製品
  • 衣類や寝具
  • 生活用品
  • 書籍や雑誌
  • 思い出の品(写真・手紙など)
  • 趣味の品(道具・収集物など)
  • 食料品(冷蔵庫内の生鮮食品・保存食など)
  • その他(手帳・住所録・メモなど) など

これらの遺品は、使う予定がなければ処分します。ただし書籍であれば、地域の図書館や学校などに寄贈するという方法もあります。

形見分けとは?

遺品整理を行う際、遺族や故人の友人などで遺品を分け合うことを、「形見分け」といいます。形見分けを行うタイミングは基本的に自由です。何日以内に行うという決まりはありません。

ただし形見分けを行う時期の目安は、次の通りです。故人が信仰していた宗教によって、やや異なります。

  • 仏教・・・四十九日
  • 神式・・・五十日祭や三十日祭

借家や賃貸アパートなど、故人が賃貸住宅に住んでいた場合、早い段階で明け渡さなくてはならないケースもあります。そのような場合は、葬儀が終わったらすみやかに、遺品整理に取りかかりましょう。

専門業者に任せることもできる

遺品整理を遺族で行おうとしても、意外と時間や手間がかかります。故人の残したものを見ると気持ちの整理がつかなかったり、物品があまりに多すぎて片づけられなかったりするためです。

ましてや遺族が仕事で忙しかったり、故人の自宅から遠く離れて住んでいたりしたら、遺品整理のためにまとまった時間を作ることも困難です。

限られた時間で効率よく遺品整理を行うためには、遺品整理を専門とする業者に依頼するといった方法もあります。必要に応じて専門業者をうまく活用しましょう。

ただし業者によってサービス内容や料金が異なり、品質も異なります。大事な遺品を任せることになるので、慎重に業者選びを行うようにしましょう。

遺品整理を行うときの注意

遺品整理をする際、相続に関係して注意したい点が2つあります。順に見てみましょう。

1. 形見分けは贈与税発生に注意

故人の遺品整理によって形見分けする際は、贈与税がかかるかどうかに注意する必要があります。1年間に受け取った遺産の合計が110万円を超えると、贈与税が発生するためです。

これは、形見分けにおいても例外ではありません。美術品や貴金属、ブランドものの腕時計などは高価である可能性が高いため、贈与税が発生する可能性があります。高価な遺品を受け取る際や、多くの遺品を受け取る際は、注意を払いましょう。

2. 相続放棄ができなくなる可能性も考慮する

故人から受け継ぐ負の遺産が大きい場合、相続人は相続放棄という手段を選ぶことができます。相続放棄をするのであれば、死亡後3か月までに、家庭裁判所に対して申立て手続きを行います。

(参考)相続放棄・限定承認の申立て

ただし相続放棄を行いたい場合、遺品整理に関して注意する必要があります。なぜなら、故人のものを片づけてしまうと、相続放棄ができなくなるケースが存在するためです。

民法において「相続財産の全部または一部を処分したとき」は、相続放棄が認められないと定められています。処分の中には、「片づけ」たり、「形見分け」したりといった行動が含まれます。処分するということは、「相続の意思がある」とみなされるのです。

常識の範囲内で処分することは問題ないとされていますが、どこまでを“常識の範囲内”とするのか、線引きは簡単ではありません。相続放棄を予定している場合は、明らかなゴミだけを処分した上で、しかるべき法律家に相談すると安心です。

まとめ

遺産整理と一言でいっても、するべきことや考慮すべきことが多々あります。また遺品も遺産の一部として判断されるため、一部の相続人だけで勝手に形見分けをしてしまうと、トラブルを招く恐れもあります。

不要なトラブルを避け、少しでも効率よく遺品整理を進めるためにも、なるべく早い段階で、相続人同士で遺品整理についての方針を話し合っておくことをおすすめします。

関連記事

【保存版】身内が亡くなった後の手続きリスト

相続の手続きを中心に、ご家族や親せきの人が亡くなった後にしなければならない手続きを時系列にまとめ…

相続税対策と相続の流れについて

相続において心がけるべき原則と基本的な流れを時系列でご説明します。

相続人の調査

相続を進めるにあたっては、誰が相続人であるのかを調べ、確定する必要があります。 相続人…

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議がまとまったら、その内容をまとめた書面を作りましょう。この書面を…

葬儀社の決定

通夜・葬式までの時間はわずかしかありません。 準備をスムーズに進めるため、