個人番号カードまたは通知カードの返納

死亡届が受理されると、個人番号カード(マイナンバーカード)は自動的に失効します。ただし、個人番号カードは基本的に返納します。故人が個人番号カード保有していた場合は、すみやかに市区町村役場の窓口にて返納手続きを行いましょう。

届出・手続きのポイント

期限や行う時期 落ち着いたらすみやかに
手続きする場所 市区町村役場
準備するもの 個人番号カードまたは通知カード、届出人の身分証明書(運転免許証やパスポートなど)など

個人番号カードとは?

個人番号カードとは、住所などの個人情報が記録された、市区町村が発行するICカードです。

個人番号カードは、従来の住民基本台帳カードにかわるものとして、2016年1月に交付が開始されました。住民基本台帳カードは自治体ごとに様式が異なりましたが、個人番号カードは全国共通の様式となっています。

柏市ホームページより引用

個人番号は通称「マイナンバーカード」と呼ばれています。顔写真と共に次の情報が組み込まれており、身分証明書として使うことができます。

  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 個人番号 など

なお個人番号(マイナンバー)とは、国民一人ひとりに割り当てられた12ケタの番号のことです。

平成28年1月からマイナンバー制度が始まり、住民票を持つすべての人が個人番号を持つようになりました。希望者は申請手続きを行うことで、個人番号カードの交付を受けることができます。

個人番号カードを持っていることで、次のようなメリットがあります。

  • 個人番号を証明する書類として使える(年金受給、病気など)
  • 各種行政手続きのオンライン申請ができる(e-taxなど)
  • 各市町村が定める各サービス(住民票や印鑑登録証のコンビニ交付など)が利用できる  など

故人が個人番号カードを持っている場合、死亡届の提出によって個人番号カードは自動的に失効します。ただし個人番号カードは基本的に返納します。返納が必要な場合は、市区町村役場の窓口に行き、なるべくすみやかに返納手続きを行いましょう。

ただし自治体によっては、返納不要の場合もあります。返納が必要かどうかを事前に確かめておきましょう。返納不要の場合は、個人番号カードを裁断した上で破棄することをおすすめします。

通知カードも返納する

個人番号カードを持っていない場合でも、必ず通知カードが送られています。通知カードとは、個人番号を通知するためのものです。2015年10月中旬以降、住民票をもつすべての国民に対して、簡易書留で郵送されています。

総務省ホームページより引用

通知カードも個人番号カードと同じく、死亡後は返納しなくてはいけません。必ず個人番号カードもしくは通知カードのどちらかを持っていますから、持っているほうをすみやかに返納しましょう。

返納手続きに必要なもの

個人番号カードや通知カードの返納手続きに必要なものは次の通りです。

  • 故人の個人番号カードもしくは通知カード
  • 届出人の身分証明書(運転免許証やパスポートなど)
  • 個人番号返納届または通知カード返納届 など

個人番号返納届または通知カード返納届は、市区町村役場の窓口に備え付けられています。ただし自治体によっては、返納届を書く必要がない場合や、そもそも返納の義務がない場合もあります。

自治体のホームページを確認するか、事前に問い合わせるなどして、必要な手続きを行いましょう。

関連記事

相続税対策と相続の流れについて

相続において心がけるべき原則と基本的な流れを時系列でご説明します。

納税義務の有無の確認

納税義務が発生するのは、一定額以上の相続財産を引き継いだ場合のみです。

相続財産の調査

相続財産には、土地や建物といったプラスの財産だけでなく、住宅ローンやカードローンなどの負債も含ま…

死亡退職届の提出・死亡退職金の受取

故人が在職中であった場合、故人が所属していた組織に死亡退職届を提出する必要があります。ま…

高額療養費の支給申請

同じ月内に払った医療費が一定額を超えた場合、超過分の払戻を受けることができます。この制度を