遺産の調査はどう行えばいい?

相続発生後、被相続人にはどの程度の遺産があるのかを、残された遺族側がまったく把握していないこともあります。たとえば、一部の相続人に対しては遺言書を作成していたとしても、他の相続人に対してはまるで触れられていないことや、遺言書に記載された財産以外の遺産がある可能性も十分にあります。こんなときは、被相続人の遺産の調査を行わなければなりません。
今回は遺産の調査方法についてご説明します。

預貯金の調査方法について

預貯金を調査する場合は、被相続人の所持している預金通帳にて行うことがほとんどです。遺品整理の際に預金通帳が見つかれば、たとえ残高が0円だったとしても単に記帳がされていなかった可能性もありますので、金融機関の支店あてに「預金残高証明書」の発行を依頼しましょう。
どうしても預金通帳が見つからないような場合は、利用していたと考えられる金融機関に対して、被相続人の口座の有無を確認してみるのも有効です。また、被相続人がクレジットカードの引き落とし決済などをしていた場合は、その利用明細から引き落とし先の口座が判明することもあります。 なにが手掛かりとなるかわからないため、遺品整理は慎重に行うようにしましょう。

不動産の調査方法について

被相続人が不動産を所有していた場合は、どこの土地にどんな建物を持っているのか?その評価額はいくらになるのか?といったことを調べる必要があります。
不動産の調査に欠かせないのが、「権利証」や「登記完了証」、「固定資産税の課税明細書」といった書面です。ただし、それだけでは相続発生時も被相続人の所有になっているかどうかを確定することができないため、お近くの法務局へ足を運び、「登記事項証明書」を取得してみましょう。こちらには、土地や建物の権利関係が記載されていますので、所有権移転の経緯や抵当権設定の有無、現在の所有者といった情報を知ることができます。
なお、被相続人が保有していた全ての不動産を把握するには、市役所で固定資産台帳(名寄帳とも呼ばれています)を取得しましょう。こちらには、市町村が固定資産税を課するために、被相続人が保有していた不動産が全て掲載されています。

借金の調査方法について

借金というものは、おそらく多くの方が他人にはあまり知られたくないと考えるはずです。よって、借金については被相続人によって意図的に隠されている可能性が非常に高く、調査が難しい場合もあります。
まずは、遺品整理の際には契約書やクレジットカードといったものが存在していないかをよく調べてみましょう。まだ支払い中の債務があれば、毎月の利用明細や、支払い遅滞による請求書などによって判明することもあります。また、信用情報機関に問い合わせることによって、被相続人の借入先の照会をすることも可能となっています。
借金の調査を行う中で、あまりにも多額の借金が判明した場合は、相続放棄(詳しくは「借金も相続するの?」)手続きの検討も忘れないようにしてください。

カテゴリー:相続全般
キーワード:遺産 調査

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…