遺言執行者って?

遺言執行者とは、被相続人によって残された遺言の内容を、確実に行うために選任される者のことをいいます。遺言執行者は、相続手続きにおける一切の権限、つまり、法律的な財産管理と執行(執り行うこと)の権限を持っていて、相続人の代理人となる存在です。

なぜ遺言執行者が必要となるのか?

相続というのは、親族間による遺産の相続争いに発展することもありますので、当事者には当たらない第三者である遺言執行者に一任してしまったほうが、争いを避けられる可能性が高まります。また、相続人になりえる人物であっても遺言執行者になることは可能とされてはいますが、利害関係が複雑にからんでしまうため、まったくの第三者が選任されることが好ましいとされています。これによって、スムーズな遺産分割が可能になるというわけです。

遺言執行者が選ばれるときって?

遺言執行者とは、なにもせずに勝手に選任されるようなものではありません。被相続人が遺言書によってあらかじめ指定しておく場合と、家庭裁判所に執行者の選任申し立てを行うことによって選任されます。なお、遺言執行者選任の申し立てを行うことができるのは、相続人、受遺者(遺言にて指定された遺贈を受ける者)といった利害関係人となります。申立先は、被相続人の住所地の最寄りの家庭裁判所になります。
ただし、未成年者や破産者は遺言執行者になることはできません。それ以外であれば、誰でも遺言執行者になることは可能ですが、できれば法律の専門家に遺言執行者となってもらったほうが、よりスムーズに手続きを進めることができるといえます。

遺言執行者を選ばなければならない場合

遺言に、非嫡出子(法律上の婚姻関係にない男女の間に産まれた子)などの認知や、相続人の廃除やその取り消し(詳しくは「相続権を失う?相続欠格、相続廃除とは?」)、といった内容が記載されていた場合は、必ず遺言執行者を選ばなければならないとされています。この2つについては、遺言執行者でしか行うことができない業務に該当しているのです。

遺言執行者が行うこと

遺言執行者は下記のような業務を行うことになります。

  • 相続人・受遺者に対して遺産(相続財産)目録を作成し提出する。
  • 受遺者が遺贈を受けるかどうかを確認し、それを引き渡す。
  • 遺言書に認知の指定があった場合は、各市区町村役場に戸籍の届出をする。
  • 相続人の廃除、または取り消しの遺言があった場合は、家庭裁判所に申し立てをする。
  • その他、相続財産の管理や遺言の執行に必要とされる一切の行為。

カテゴリー:遺言
キーワード:遺言執行者

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…