遺産分割で争いが起きたら

遺産分割の際に争いが起きてしまった場合、どう対処する方法があるのでしょうか。また、争いが起きてしまったらその間、遺産分割は一切できなくなってしまうのでしょうか。
今回は遺産分割で争いが起きた場合について、ご説明していきます。

遺産分割争いの対処方法

相続人間で遺産分割の争いが勃発してしまった場合、もはや仲介なしでは結論が出ることはないといえます。どうしても遺産分割協議がまとまらない場合、まずは専門家に間に入ってもらう方法が良いといえます。専門的な目線からのアドバイスなどがあれば、円満に解決する可能性が非常に高くなります。しかし、それでもまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立て、最終的には審判にて結論を出す方法しかありません。

裁判所での遺産分割について

遺産分割調停では、裁判官と2名の専門知識を有した調停委員が当事者それぞれから考えを聞き、遺産分割をまとめていくことになります。話し合いがまとまれば調停調書が作成され、遺産分割協議書の代わりとなります。ここでも話し合いがまとまらなかった場合は、裁判官の判断による審判によって決定が出されることになります。この審判決定は、裁判の判決と同じ効力がありますが、不服申し立てをすることも可能となっています。この場合の不服を「即時抗告」といい、審判決定から2週間以内に行わなければなりません。即時抗告が認められると、次は高等裁判所での争いとなり、そこで改めて結論が出されることになります。
裁判手続きについては途中で取り下げることも可能となってはいますが、一度裁判所に遺産分割の話し合いの場を移すと、後には引き下がることができなくなり、かなり長期化することも予想されますので、遺産分割がなかなかできないという事態に陥ってしまいます。

争いが起きた場合の遺産分割

争いが起きてしまった場合は、遺産の分割方法をしっかりと確定させてからでないと分割をすることができなくなってしまいます。税金対策として暫定的な分割をし、後で最終的に分割するといった方法もあるにはありますが、上記の家庭裁判所での調停や審判にまで発展してしまうと、しっかりとした結論が出ない限りは、遺産分割をすることができなくなってしまいます。

調停や審判は最後の手段である

遺産分割において、調停や審判は最後の手段であると考えるようにしましょう。
本来、遺産分割の争いはないに越したことはありません。なるべく調停や審判まで発展する前に、円満な解決を図る努力が必要といえます。そのためには、相続人それぞれが譲り合いの精神を持ち、被相続人の気持ちを酌むことが重要といえます。

カテゴリー:遺産分割
キーワード:遺産分割 調停 審判

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…