数十年前の戸籍も取れる?

相続の手続きの際、戸籍が必要となる場面は何度もあります。よって、被相続人の出生から死亡までの戸籍や相続関係がしっかりとわかるだけの戸籍を用意しなければなりません。
しかし、数十年以上も前の戸籍をすべて集めることができるのか?という不安もあります。確かに少し大変かもしれませんが、戸籍をしっかりと読みたどっていけば、数十年以上前の戸籍であっても集めることは可能です。

保存さえされていれば戸籍は取得可能

たとえ数十年以上前のものであっても、戸籍がしっかりと保存されているのであれば、取得をすることは可能となっています。ただ、古い戸籍を取得する際に知っておきたいのが、戸籍に記載されている人が亡くなったり、別のところに新たな戸籍を編纂(へんさん)したりすると、その戸籍からは除籍されるということです。この除籍によって、戸籍に記載されているすべての人が一つの戸籍から除籍となると、その戸籍は閉じられることになり、もともとあった戸籍は「除籍謄本」として残されることになります。
もちろん除籍謄本も利害関係の説明がつけば発行してもらうことは可能となっていますが、除籍謄本の保存期間は150年と定められているため、除籍謄本となってからすでに150年が経過しているような場合は、取得できない可能性があるということです。

焼失により取得できない場合もある

相続のために戸籍をたどっていると、焼失により除籍謄本の交付ができないという場合もあります。これは、過去にあった戦災の影響で戸籍が焼失してしまった場合に多いといえます。東京近辺では、昭和20年にあった東京大空襲の際に、戸籍の一部が焼失してしまっています。
このような場合、戸籍の請求をした役所から、「除籍謄本の交付ができない旨の証明書」を取得するようにしましょう。相続の手続きとしては、戸籍の焼失などによって取得ができない部分については推認(すいにん)をすることによってカバーをします。推認というのは、言葉のとおり推測で認定をすることです。推認しきれないような場合は、上記の証明書と、現時点でわかっている相続人全員による「他に相続人はいない旨を記載した証明書と印鑑証明書」によって、各法的手続きは進められることになります。

現在、交付を受けることができる戸籍

過去には、法改正によって戸籍の様式が変わったこともありました。様式が変わった場合、元の戸籍についての保存期間は150年間となっていて、それ以前については処分しても良いものとされています。日本では過去に何度か様式の変更があり、作り変え前の戸籍を改正原戸籍(かいせいはら(げん)こせき)といいます。現在、交付を受けることができるのは、昭和23年と平成6年の法改正以前の改正原戸籍と、平成6年の法改正によってコンピューター化(まだされてない地域もありますが)された、現存している戸籍(現戸籍)となっています。

カテゴリー:相続全般
キーワード:戸籍 焼失 改正原戸籍

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…