遺言書が複数見つかった場合は?

遺品整理をしていたところ、遺言書が何枚も見つかってしまいました。さらに中を見てみないことには、どういった内容なのかもわかりません。果たしてどのように取り扱えばよいのでしょう?
こういったトラブル、決して少なくはありません。封をされた遺言書が何枚も見つかった場合であっても、まずは家庭裁判所の検認手続の申し立てを忘れてはいけません(詳細は「この遺言書は有効?無効?」)。

遺言書は後に書かれたものが有効

検認もすませ、これといった作成上の不備がなかった場合(タイプライターが使われていないなど)は、後に書かれた遺言書が優先されることになります。さらに細かくいえば、先に書かれた遺言書の内容が、後に書かれた遺言書の内容と矛盾をしていた場合、後に書かれた遺言書が優先される、ということです。なお、前に書かれた遺言書について、後に書かれた遺言書と比べたところ、特に矛盾がない内容については、前に書かれた遺言書がそのまま有効となります。

  • 矛盾がある場合 前に書かれた遺言書<後に書かれた遺言書
  • 矛盾がない場合 前に書かれた遺言書≧後に書かれた遺言書

自筆証書遺言と公正証書遺言の優劣はない

出てきた遺言書の一方が自筆証書遺言で、もう一方が公正証書遺言だった場合はどうでしょう。所定の手続きを持って作成されている、公正証書遺言のほうが優先されそうにも見えますが、実は、この二つの遺言形式に優劣というものは一切ありません。
もちろん、出てきた自筆証書遺言に作成上の不備がなかった場合に限ります。あくまでも、後に書かれた作成上の不備がない遺言書が有効になるわけです。
遺言というものは、遺言者の最終的な意思が尊重されるべきものです。遺言書において日付の自筆が必須項目とされているのは、こういった理由のため。いくら公正証書遺言を作成していたとしても、後から気が変わることがあってもおかしくはありません。遺言者には遺言の自由があるのです。また、書き直しをする場合、遺言の撤回が記載されているに越したことはありませんが、撤回の記載がなかったとしても、後に書かれた遺言書の有効は変わりありません。

同日の遺言書が2枚見つかった場合

かなりめずらしい状況ではありますが、作成上の不備がまったくない同日の遺言書が2枚見つかった場合は、書かれた時刻がポイントとなります。
遺言書に時刻の記載があれば、もちろん後に書かれていた遺言書が有効となります。しかし、そういった記載がまったくなく、遺言の内容に矛盾がある場合は、どちらが遺言者の最終意思なのかを判断することができません。つまり、遺言としては、どちらも法的に無効と取り扱われてしまいます。こうなってしまった場合は、相続人同士の話し合いによって間を取るというのが、遺言者の意思を最大限尊重する分割といえるでしょう。

カテゴリー:遺言
キーワード:遺言書 同日 無効 優劣

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…