相続人は誰?

相続が発生したときに、誰が相続人になるのかが分からず困ってしまう方も多いのではないでしょうか?亡くなった人(被相続人)が遺言書で相続人を指定していない場合、相続人が誰になるのかは、優先順位を含めて民法で定められていますので、今回はこちらをご紹介します。

相続人とその順位

はじめに被相続人の配偶者はどのような場合でも必ず相続人になります。ただし、法律上婚姻している人に限られるため、いわゆる内縁の配偶者は相続人にはなれません。配偶者以外に相続人になる可能性がある人は、被相続人の子ども、父母、兄弟などの血縁関係にある人たちに限られますが、このなかで実際に相続する人は民法で以下のように優先順位が定められています。

  • 第1順位 被相続人の子ども。亡くなっている場合は孫。
  • 第2順位 被相続人の両親。亡くなっている場合は祖父母。
  • 第3順位 被相続人の兄弟姉妹。亡くなっている場合は甥姪。

この優先順位に該当する人がいると、その順位より下の人は相続人にはなれません。例えば、被相続人に子どもがいれば、相続人は配偶者と子どもになり、被相続人の両親や兄弟姉妹は相続人にはなれません。被相続人に子どもがいなければ、配偶者と両親が相続人になります。

なお、第1順位の「被相続人の子ども」には、実子はもちろん養子、さらに隠し子(非嫡出子)も含まれますのでご注意ください。

忘れてはいけないのが代襲相続

相続人となるべき人が、すでに亡くなっている場合は、代襲相続(だいしゅうそうぞく)といって、もともとの相続人の子が相続人になります。つまり、被相続人の孫に当たる人です。その孫も亡くなっていたとなれば、ひ孫が相続人となります。このようにどこまでも下の代に相続していくことになるのです。しかし、兄弟姉妹が相続人となっている場合は、1代(被相続人からみたら甥姪)までしか代襲相続はされませんので、その点は忘れないようにしましょう。

戸籍謄本の確認を忘れずに

上記の方法で相続人を把握することができますが、相続人に漏れがないことを明らかにするため、被相続人の出生時から死亡時までの戸籍謄本を取り寄せましょう。戸籍謄本をみてはじめて、隠し子の存在が明らかになるということもあるからです。戸籍謄本は被相続人の本籍のあった市区町村から取り寄せますが、出生時から死亡時までとなると複数の戸籍謄本を取得する必要があります。まずは最新の戸籍謄本を取得し、それをもとに出生までさかのぼって確認していきましょう。

相続では決められた期間内に相続人の確定を含め、さまざまな手続きを終えなければならないため、一般の方にとって不慣れな手続きは、専門家に依頼して効率的に進めるのも1つの方法です。時間に余裕のない方は検討してみましょう。

カテゴリー:相続全般
キーワード:相続人 代襲相続

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…