相続税が課税される仕組みは?

相続税というのは、必ずしも課税されるものではありません。遺産総額が相続税の基礎控除額よりも少なければ、相続税を納める必要はないのです。ここでいう基礎控除額というのは、どういった相続であっても必ず認められている、相続税が課されない金額のことをいいます。
相続税の基礎控除額は、平成27年1月1日から「3000万円+法定相続人の数×600万円」となっています。この改正によって、過去よりも課税対象者が増えることになりました。自身は相続税を課税されてしまうのか?その仕組みについて、しっかりと理解をしておきましょう。

相続税の計算は3段階

相続税の税額は、「課税価格の計算」、「相続税の総額の計算」、「納付税額の計算」という、3段階の計算をする必要があり、複雑なものとなっています。
この計算方式を理解していないと、相続税額を申告することができませんし、間違った金額を納付してしまう可能性もあるため、十分な注意が必要です。

課税価格の計算とは

課税価格の計算というのは、相続した財産を実際のお金に換算する作業のことをいいます。相続財産が現金のみなら話は早いですが、中には不動産といった財産もあります。相続したすべての財産がどの程度の価値になるのかがわからなければ、相続税の計算をスタートさせることはできません。また、プラスの財産から借金といったマイナスの財産の差し引きをするのもここで行うことになります。

相続税の総額の計算とは

上記の課税価格の合計額に対して課税される相続税の総額を算出します。まず、課税価格の合計額から基礎控除額を引きます。ここで課税価格の合計額が基礎控除を超えなければ、相続税は課税されないことになります。基礎控除を超えた場合は、遺産を法定相続分で分けたと仮定して、各法定相続人の遺産額を計算し、この遺産額に相続税率を掛けることによって、相続税の総額を求めることができます。

納付税額の計算とは

上記の相続税の総額を、各法定相続人が実際に相続した遺産の額に応じて按分します。この按分によって出た金額が各法定相続人の相続税額です。
次に、納付税額を求めるため、下記の計算式に当てはめます。
「各法定相続人の相続税額+相続税の加算(被相続人の一等親の血族および配偶者以外であれば20%)-各法定相続人の税額控除=最終的な納付税額」
なお、相続人によって相続税の控除の内容が異なりますので(配偶者であるなど)、事情次第ではここで相続税が加算されてしまうことも十分にあります。もちろん、それぞれの控除額によっては、この計算によって相続税の納付をしなくても良くなる場合もあるということです。

カテゴリー:相続税
キーワード:相続税 課税 仕組み

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…