3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月経過後に、どうしても相続放棄がしたくなってしまうこともありますし、3ヶ月経過後であっても、相続放棄が認められるケースというのは実際にあります。ただし、相続開始から3ヶ月経過後の相続放棄が認められるためには、それ相応の理由がなくてはなりません。
では、どういった場合に3ヶ月経過後の相続放棄が認められることになるのでしょうか?

最終的な判断をするのは裁判官

相続に限ったことではありませんが、裁判手続きにおいて、最終的な判断を下すのは裁判官となっています。法律というのは、世の中の秩序を乱さないためにどうしても必要であり、守るべきものとされてはいますが、なにもすべてが法律どおり機械的な判断がされているわけではありません。 さまざまな事情を考慮し、それ相応の理由があるのであれば、なにもすべてが法律どおりになされなければならないわけではないのです。よって、相続放棄についても、確かに3ヶ月以内にすべきとの規定があるにはありますが、3ヶ月を経過したからといって必ずしも相続放棄が却下されるわけではない、ということをよく覚えておきましょう。

認められるための典型的な条件

3ヶ月経過後の相続放棄については、過去にもさまざまな事情が認められてきたといえますが、その中でも典型的な事情をご紹介します。その事情というのは、「相続財産に多額の債務があることを知らずにいた場合」です。債務については、その存在を知ったときから3ヶ月が経過していないのであれば、そのほとんどの場合で相続放棄が認められることになっています。
ただし、債務に関する通知が届いていたにも関わらず、自身には関係がないと思い込んでいたような場合は、認められるかどうかが微妙になってしまいます。あくまでも、知るすべがまるでなかったような場合に限りますので、その点よく注意するようにしましょう。

3ヶ月経過後の相続放棄は専門家に依頼を

また、3ヶ月経過後の相続放棄というのは、必ずしも認められるものではありませんので、自身で直接、家庭裁判所に相続放棄の申述をするのではなく、専門家を通して手続きを取ったほうが良いと言えます。というのも、一度でも裁判所から相続放棄が却下されてしまえば、それを改めて覆すというのはかなり困難となってしまうのです。しかし、専門家であれば、相続放棄が認められるための要点をしっかりと押さえた相続放棄の申述書を作成することが可能といえます。
こうしたことからも、3ヶ月経過後の相続放棄については、専門家に依頼、そして適正な対処をしてもらうことをおすすめします。

カテゴリー:相続全般
キーワード:相続放棄 3ヶ月

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…

親からの借入金が贈与になるって?

親から子ども、祖父母から孫、といったように親族間での金銭の賃借があったとしても、借り入れた側の返…