特別受益の持ち戻し免除とは?

まず、特別受益というのは、簡単に言えば被相続人から生前に財産の贈与を受けることをいいます(詳しくは「生前贈与は不公平にならない?」)。次に、特別受益の持ち戻しというのは、生前贈与による相続人同士の不公平を失くすため、特別受益分を相続財産に戻し、再度、そこから公平に相続分の算定をするというものです。 そして、特別受益の持ち戻し免除というのは、特別受益分を相続財産に戻すことを被相続人の意思表示によって免除することをいいます。つまり、特別受益分を相続財産に戻す必要がなくなるということです。

持ち戻し免除の意思表示について

なお、持ち戻し免除の意思表示については、明示されているのか黙示であるのかについては、問われないことになっています。明示というのは、意思を明らかに示している場合をいい、黙示というのは、間接的に意思表示があったことがみなされる場合をいいます。 どういうことかというと、通常は被相続人からいちいち、生前贈与した財産について遺産分割の際に遺産に持ち戻す必要はない、といった明示するのは稀であることと、その証拠を示すというのも困難であることから、明示・黙示についてはどちらでも良いとされています。ただし、黙示の意思表示があったかついては、遺産分割の争点となることが非常に多いという実情があります。

どのように意思表示が判断されるか

では、裁判所は黙示の意思表示があったかどうかを、どのような基準から判断するのでしょう? 裁判所が主に判断の材料としているのは、生前贈与の内容や動機、その価額、贈与を受けた相続人と被相続人との関係性、贈与を受けた相続人の経済状況など、様々な観点が挙げられます。こうした観点から、被相続人が対象となった相続人に対して、本来の相続分以外に特別に財産を相続させたいという意思があったことが推測できれば、黙示の持ち戻し免除の意思表示があったと判断されることになります。
たとえば、生活がままならない相続人に対して、その状況を脱する意味を込めて生活費の援助があった場合、その援助については、黙示の持ち戻し免除の意思表示が認められるといえます。

争いが起きない遺言書を作成しよう

上記のように、黙示の意思表示というのは争われることが多いため、こうした争いが起きない遺言書を作成するというのは非常に重要なことです。とはいえ、通常の遺言作成においては特別受益についてまでは記載されていないことがほとんどです。しかしながら、本当に相続に強い専門家であれば、特別受益についてまでしっかりと視野を広げ、争いが起きない遺言書の作成をサポートすることが可能といえます。
遺言書にたった1文加えるだけで、相続人同士の争いを防ぐことが可能となる場合もありますので、遺言書作成については、可能な限り専門家を交えるようにしましょう。

カテゴリー:相続全般
キーワード:特別受益 持ち戻し免除

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…