遺言にはいくつか種類がある?

遺言には大きく分けて2つの種類があります。それが「普通方式」と「特別方式」と呼ばれるものです。通常、遺言を残すのであれば、普通方式にて作成をすることがほとんどです。というのも、普通方式の遺言というのは、いつでも自由に作成することができるからです。その一方で、特別方式の遺言というのは、普通方式で遺言の作成ができない場合の方式をいいます。
ただし、特別方式の遺言を作成していたとしても、普通方式の遺言書の作成が可能になってから、6ヶ月間が経過した場合、原則として特別方式の遺言は効力を失うことになりますので注意が必要です。

普通方式の遺言は3種類

普通方式の遺言は、さらに3種類に分けられることになります。それぞれ簡単にご紹介します。

自筆証書遺言

遺言者が自ら書き残す遺言を言います。自筆によって、遺言の全文・日付・氏名を書き、押印までして初めて有効な自筆証書遺言となります。他人が代筆をした場合、ワープロやパソコンといった機器を使って作成したものは、すべて無効になるため注意しましょう。
自筆証書遺言は誰でもすぐに作成することができ、簡単で費用もかからないのがメリットといえますが、紛失してしまったり、簡単に偽造や変造ができてしまったりといったデメリットもあります。

公正証書遺言

こちらは公証人が作成する遺言書のことを言います。公証人の他に、証人2人の立ち合いが必要となりますが、自筆証書遺言とは違って、法的に無効とされてしまう心配がほとんどありません。
作成時には、遺言者が公証人と証人2人の立ち合いの下、口述した内容を公証人が筆記し、遺言者と証人がその内容を承認、最後に全員が署名・押印をして完成となり、1部を遺言者が保管し、もう1部は公証役場にて保管されることになります。
公正証書の作成には費用がかかってしまうというデメリットが付き物ですが、自筆証書遺言とは違い、紛失や偽造・変造といった心配がないため、確実性の高い遺言を残すことが可能です。

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言者自身が作成してきた遺言書に封をし、その封書を公証人と証人に提出、公証人に確かに提出したという証明をもらう作成方式です。遺言書の作成自体は遺言者が行うことになるため、後々になって不備が見つかりやすく、実務上、あまり利用されることはありません。

特別方式の遺言について

普通方式の遺言を残すことが不可能な場合、たとえば、急病などによって突如して死期が迫っている場合の「一般危急時遺言」、船が沈没して死期が迫っている場合の「船舶遭難者遺言」、また、「伝染病隔離者遺言」といった、特殊な状況下に利用されるのが特別方式の遺言です。
それぞれの作成における注意点については、「特別方式の遺言を作成する条件って?」にて、ご紹介させていただきます。

カテゴリー:遺言
キーワード:普通方式 自筆証書 公正証書 秘密証書

関連記事


この記事を読んで、あなたの悩みは解決しましたか?

相続にはたくさんの難しい言葉、知識が関わってきます。
そのため、自分で相続に関する知識を学ぼうとすると、労力と時間がかかります。

ただ、相続トラブルの解決は「時間」が命
長期化すると、家族の関係が悪化し、最悪、修復不可能になってしまうケースもよくあります。
「自分はそんなことない」と思っていても、昔から仲の良かった兄弟が、相続トラブルをきっかけに、絶縁状態になったケースはたくさんあるのです。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「相続 兄弟」で検索すると、3万件近い悩みがヒットします。

そこで、オススメしたいが無料相談です。
「自分のケースはどうしたらいいんだろう・・・」
「ちょっとこの部分について専門家に確認したいだけなんだけど・・・」

どんな内容でも問題ありません。
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

関連記事

特別方式の遺言を作成する条件って?

遺言には普通方式と特別方式(詳しくは「遺…

判読できない遺言書は無効?

遺言書がどうしても判読できない場合、果たしてその遺言書は無効になってしまうのでしょうか?主…

3ヶ月経過後の相続放棄は可能?

相続手続きにおいて相続放棄というのは、原則、3ヶ月以内と定められています。しかし、現実には3ヶ月…

相続開始前3年以内の贈与って?

相続開始前、3年以内に贈与があった場合、その財産については贈与財産として課税をするのではなく、相…

死亡退職金の請求はできる?

ここでいう死亡退職金というのは、被相続人が在職中に死亡してしまった場合の退職金をいいます。なお、…